ウィリアムズF1、レッドブルとルノーからデザイナーを獲得
ウィリアムズF1チームは、2020年のF1世界選手権に先立ち、新たにレッドブルとルノーから2人のデザイナーを採用したことを発表した。

2019年、ウィリアムズはわずか1ポイントしか獲得できず、2年連続でランキング最下位でシーズンを終了。前年から技術部門の再編が行われており、技術代表のパディ・ロウ、チーフデザイナーのエド・ウッド、空力責任者のダーク・デ・ビアといった幹部クラスがチームを離れている。

今回、ウィリアムズは、チーフデザイナーとしてデビッド・ヴェルナー、副チーフデザイナーとしてジョナサン・カーターが加入することを発表した。

デビッド・ヴェルナーは、現在レッドブル・レーシング/アルファタウリのイニシアチブ責任者であり、1997年にアローズにデザインエンジニアとして入社して以来、F1で働いている。彼は1979年から18年間、ロールス・ロイス・アエアでストレスと設計エンジニアリングの両方の経験んを積み、2003年にはジャガー・レーシングに移籍。翌年にはシニア・サスペンション・デザイナーとしてレッドブル・レーシングに移った。2007年にはサスペンションとドライバーコントロールの責任者となり、2014年には副チーフデザイナーに任命されている。

ジョナサン・カーターは、1979年にReynard Racing Carsでモータースポーツのキャリアを開始し、その後6年間デザインエンジニアとしてアローズで働いた。2002年にはマクラーレンに移り、最初のコンポジットメインケースを担当し、その後チームのモノコックを推進するチームを率いました。その後、Principal Engineer Carに移り、2012年に車両設計の副責任者を務め、2015年からルノーF1チームでコンポジットデザイン責任者を務めていた。

また、新規採用と同時にウィリアムズはアダム・カーターがチーフエンジニアに昇進することを発表。コアエンジニアリング機能と車両プログラムの統合と調整を担当する。

ウィリアムズF1チームの副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは「デイブとジョナサンは、ウィリアムズチームに膨大な経験、知識、スキルをもたらします。彼らが近い将来加入してくれることを嬉しく思っています。我々のチーフエンジニアであるアダム・カーター、およびエンジニアリングチームの他のシニアメンバーと密接に連携して、次世代のウィリアムズF1カーの設計と開発における我々のデザイン能力を強化してくれることでしょう」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ