ウィリアムズF1、ロイ・ニッサニーを2020年のテストドライバーに起用
ウィリアムズF1チームは、イスラエル出身のロイ・ニッサニーが2020年の公式テストドライバーに就任することを発表した。

ロイ・ニッサニーは、2020年のF1世界選手権で3回のFP1セッションに出走し、ルーキーテストでも1回マシンを走らせる。ファクトリーでは多数のシミュレーターセッションを実施し、シーズンを通してすべての部門との統合に時間を費やす。

また、今回の契約の一貫として、グランプリ週末の間、イスラエルのロゴがロイ・ニッサニーがドライブするFW43に掲載される。

ロイ・ニッサニーは「ロキット・ウィリアムズ・レーシングの公式テストドライバーになることを嬉しく思う。これは、イスラエルのモータースポーツのランドマークでもある。12月にアブダビでチームのためにテストしたとき、すぐにマシンを快適に感じて、チームの一部になったと感じた。ウィリアムズに没頭する今年の経験は非常に貴重であり、コース内外でのスタートするのを楽しみにしている」

2020年にF2に参戦するロニ・ニッサニーは、2018年に最後にF2でレースをしている。それ以前にはワールド・シリーズ・フォーミュラV8 3.5で3シーズンにわたって参戦し、いくつかのレースで勝利を収めている。また、2014年にはバレンシアでザウバーのF1マシンを走らせている。

ウィリアムズの副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは「ロイ・ニッサニーを公式テストドライバーの役割でロキット・ウィリアムズ・レーシングに迎え入れることを嬉しく思います。昨年のポストシーズンのアブダビテストで彼が能力を証明しました。私たちは彼が短期間でで成し遂げたことに非常に感銘を受けました。彼は勤勉な人であり、私たちは今年一緒に仕事をするのを楽しみにしています」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ