ウィリアムズ、F1カレンダーの拡大による人件費の増加を懸念
ウィリアムズは、今後数年以内にF1カレンダーが拡大し続けることによる継続的な人件費の増加を懸念している。

F1の経営権を引き継いだリバティ・メディアは、新たなグランプリを追加することに熱心であり、2020年のF1世界選手権にはベトナムとオランダが加わり、史上最多の22戦で開催される。

また、2021年から導入される新しい競技規約では、チャンピオンシップは最大25レースまで拡大することが可能になる。

リバティ・メディアは、2021年5月にF1マイアミGPを開催することを目指しており、中国での第2のレースやサウジアラビアでのF1開催も議論されている。

レース数拡大への妥協案として、2021年からレース週末は現在の4日間から3日間に凝縮され、シーズン中のテストも減少する。

ウィリアムズの副チーム代表を務めるクレサ・ウィリアムズは、F1カレンダーの拡大による人件費の増加を懸念していると語る。

「25戦は多いです。来年の22戦でも非常に多いですし、すべてのチームは、単純なライフスタイルという観点で人員への影響を見なければなりません。

「来年の22を見るのは非常に多く、すべてのチームは、それが単にライフスタイルとワークライフバランスという観点での人員への影響を見なければなりません。非常に困難です」

「我々全員が、内外にローテーションできるサポート要員を抱えています。その観点ではより大規模なチームにとっては簡単な課題かもしれまsねん。彼らはそのローテーションをサポートするための多くの人員をもたらす大きな予算を持っています」

「財政的な観点からは相殺されますが、私たちがより多くのレースをするのは間違いありません。ポットにはより多くのお金があり、その後分配されます。実際に金銭的な要素は相殺されるので世界の終わりではありません」

「我々のために働いてくれている人たちの管理の方が大きいです。年に25の週末のために彼らにあまり圧力をかけるわけにはいきません」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ