クレア・ウィリアムズ 「父は引き続き完全にサポートしてくれている」
ウィリアムズF1チームは、2019年も最悪のシーズンを続けているが、クレア・ウィリアムズはチーム運営を辞めることはないと主張する。

チーム創設者のフランク・ウィリアムズの娘であるクレア・ウィリアムズは、象徴的なチームが自分のリーダーシップのもとで苦しんでいるた、諦めることは“もちろん”考えていないと Yahoo Sport に語った。

「諦める準備はできていませんでした。父親の象徴的なチームを地に落とした娘だと非難されていますが、残りの人生を休んで過ごすつもりはありませんでした」

43歳のクレア・ウィリアムズは、父であるフランク・ウィリアムズは引き続き“完全に協力的”だと語る。

「彼はこのビジネスがいかに厳しいかを知っています。ソーシャルメディアによって人々は簡単に批判できるので今日では非常に厳しくなっています。ですが、それは妥協を拒ませるだけです」

コース上では結果は壊滅的に見えるが、クリア・ウィリアムズは目に見なない多くの仕事が舞台裏で進行していると語る。

「運用上の問題だけでなく、チームの文化にも対処するために文字通り石を一つ残らずひっくり返して調べていますし、最高のパフォーマンスを発揮できるチームを作るためにそれらの2つの結びつけられることを期待しています」

「切り抜けるには時間がかかりますが、復調の兆しが見え始めると確信しています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ