F1 ウィリアムズF1
ウィリアムズF1チームは、2019年F1マシン『FW42』の準備が引き続き遅れており、F1バルセロナテスト2日目となる2月19日(火)もテストを欠席することになりそうだ。

ウィリアムズF1チームは、先週16日(土)にカタロニア・サーキットで予定していたFW42のシェイクダウンをキャンセルし、プレシーズンテスト初日となった18日(月)の参加をキャンセル。サーキットで作業を進めており、2日目のセッションには参加すると考えられていた。

しかし、ウィリアムズは月曜日に声明を発表し、FW42が火曜日に走る可能性は“極めて低い”とコメント。新車でのデビューはさらに遅れることになりそうだ。

ウィリアムズの副チーム代表クレア・ウィリムズは「現状、早くとも水曜日までコース上に走れるところまでいける可能性は極めて低そうです」と語った。

「当然ながら、このようなことは非常には非常に失望していますが、残念ながら、これが現在の我々がいる状況です。できる限り早くFW42をコース上で走らせたいと思っています」

ウィリアムズは、午前と午後でドライバーを交代するスケジュールを立ており、水曜日までにFW42の準備が整えば、ロバート・クビサが新車での初走行を行うことになる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ウィリアムズ