F1 ウィリアムズF1 マルティーニ
マルティーニは、今シーズン末でウィリアムズとのタイトルスポンサー契約を終了することが明らかになった。

イタリアの酒類製造会社マルティーニは2014年にウィリアムズとタイトルスポンサー契約を締結。チーム名は「ウィリアムズ・マルティーニ・レーシング」となり、伝統の赤・水色・紺の“マルティーニ・ストライプ”がF1に復活した。

報道によると、マルティーニはウィリアムズと契約延長について交渉しつつ、他チームとも契約について交渉を行ったが、マルティーニの親会社を務めるバカルディ・グループは、F1の戦略的な目標と整合性がとれないと判断し、F1へのスポンサーシップをやめることを決断したという。

この報道について質問されたウィリアムズの副チーム代表クレア・ウィリアムズは「我々は2018年以降について交渉してきました」と Autosport にコメント。

「両社とも継続を望んでいますが、バカルディ・グループは今年末に契約が終了したらF1から完全に撤退するそうです」

「彼らにはサポートしなければならない多くのブランドがあり、彼らの戦略的な優先事項は時間の経過とともに進化しています」

マルティーニの離脱はウィリアムズにとって大打撃となるが、ウィリアムズはセルゲイ・シロトキンとの契約の一環としてSMPレーシングから多くの資金を得ている。また、億万長者ローレンス・ストロールを父に持つランス・ストロールを起用することによって財政的いな利益も得ている。

クレア・ウィリアムズは「財政的には安定します」と述べたが、上場企業であるため、チームの財務についてこれ以上のコメントをするつもりはないと語った。

「強力なパートナーシップコミュニティが私たちの事業の中心です。他の何よりもタイトルパートナーシップを重視しようとは考えてません」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ウィリアムズ | F1スポンサー