ウィリアムズ
F1スペインGPでガレージ火災に見舞われたウイリアムズは、今週末のF1モナコGPに向けての準備を整えることができたことを明らかにした。

F1スペインGPでパストール・マルドナドが初優勝を達成した約2時間後、ウイリアムズのガレージで火災が発生。ガレージ内のほとんどインフラとIT機材を失った。

火災後、多数のチームがウイリアムズに対して必要な機材の援助などを申し出た。

ウィリアムズのチーフオペレーションズエンジニアのマーク・ジランは、他チームに対する感謝の意を表し、ウィリアムズのチームのスタッフの努力を称えた。

「モナコに向けた準備は、先週日曜費のガレージ火災によっていぶん妨げられたが、ファクトリーやサプライヤーがダメージを受けた器材やマシンパーツを補充するために超人的としか言えないような努力をしてくれたことで、火災の影響は軽減された」とマーク・ギランはコメント。

「他のチームからの寛大にもサポートを申し出てくださったことに対しても感謝したい。F1に存在する素晴らしいスポーツマンシップ、チーム間にある高いレベルの仲間意識が改めてはっきりと示された」

マーク・ギランは、F1モナコGPでも良い結果を残せることを期待している。

「今回のイベントにはさらなるアップグレードが導入されるため、適切な前進を遂げられることを期待している。良い週末を送るのを楽しみにしている」

ブルーノ・セナのマシンは火災時にガレージにあったが、被害は少なくF1モナコGPでも同じシャシーを走らせるとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ