ウィリアムズ FW33
ウィリアムズのテクニカルディレクターを務めるサム・マイケルは、FW33の革新的なギアボックスを他チームがコピーするのは難しいと確信している。

サム・マイケルは、2011年マシンの新機軸として、ルノーとレッドブルのエキゾーストシステム、トロ・ロッソのダブルフロア、そしてウィリアムズのコンパクトで低いギアボックスの4つを挙げたが、最初の3つのイノベーションはコピーするのが容易なのに対し、「ギアボックスは完全に異なる問題だ」と The Sun に述べた。

サム・マイケルは、全チームが互いの新車を念入りに研究しているが「誰がどの位置にいるかはわからない」と述べた。

ウィリアムズは、先日FW33の新しいカラーリングを発表しているが、それに続きパストール・マルドナドが新カラーリングのFW33をトラックで走行させている画像が Globo Esporte に掲載されている。



関連:
ウィリアムズ FW33 (主要諸元表)
F1-Gate.com YouTubeチャンネル

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ