ウィリアムズの2014年07月のF1情報を一覧表示します。

ウィリアムズ 「戦略ミスではなくスピード不足」

2014年7月30日
ウィリアムズ
ウィリアムズのロブ・スメドレーは、F1ハンガリーGPで奮わなかったのはチームの戦略ミスが原因ではないと語っている。

F1ハンガリーGPで、ウイリアムズは6番手スタートのフェリペ・マッサが5位に入ったが、前戦F1ドイツGPまで3戦連続で表彰台を獲得していたバルテリ・ボッタスは、3番手グリッドを生かせず、8位でチェッカーを受けた。

ウィリアムズ:フェリペ・マッサが5位 (F1ハンガリーGP)

2014年7月28日
ウィリアムズ F1ハンガリーGP 結果
ウィリアムズは、F1ハンガリーGPの決勝レースで、フェリペ・マッサが5位、バルテリ・ボッタスが8位だった。

フェリペ・マッサ (5位)
「たくさんのことが起こった難しいレースだった。多くのバトルがあったし、トラックに留まっているのは難しかった。ピットストップでタイヤにちょっとリクスを冒したけど、最終的に良い結果となった」

フェリペ・マッサ、ボッタスとの差は「スペアパーツ不足のせい」

2014年7月27日
フェリペ・マッサ
フェリペ・マッサは、F1ハンガリーGPでパフォーマンスが下回っているのは、チームメイトのバルテリ・ボッタスが乗る最新マシンとスペックが違うからだと主張した。

現在、バルテリ・ボッタスは評価を挙げており、F1ハンガリーでも予選トップ3入りを果たし、表彰台候補の一人に挙がっている。一方、フェリペ・マッサは、バルテリ・ボッタスに1秒遅れている。

ウィリアムズ:バルテリ・ボッタスが3番手 (F1ハンガリーGP予選)

2014年7月27日
ウィリアムズ F1ハンガリーGP 予選
ウィリアムズは、F1ハンガリーGPの予選で、バルテリ・ボッタスが3番手、フェリペ・マッサは6番手だった。

バルテリ・ボッタス (3番手)
「僕たちはちょっと驚いているかもしれない。レッドブルがここでかなり速いことはわかっていた。それにフェラーリ、そして、いつものようなメルセデスもね。理論的にトラックの特性は僕たちに最適ではないけど、チームとして僕たちは良い仕事をしたし、うまく機能するアップデートを持ち込んだ」

ウィリアムズ:F1ハンガリーGP 初日のコメント

2014年7月26日
ウィリアムズ F1ハンガリーGP
ウィリアムズは、F1ハンガリーGP初日のフリー走行で、バルテリ・ボッタスが8番手タイム、フェリペ・マッサが10番手タイムだった。

バルテリ・ボッタス (8番手)
「興味深い金曜日だった。全てのアップデートを調べることができたし、それらは期待通りに機能していたのでほんとに満足している。クルマを前進させることができた」

フェリペ・マッサ 「ハンガリーはパワーユニットより空力が重要」

2014年7月23日
フェリペ・マッサ
フェリペ・マッサが、F1ハンガリーGPへの意気込みを語った。

フェリペ・マッサ (ウィリアムズ)
「ハンガリーは、それほど良いパワーユニットが重要ではないトラックだ。空力がより高い役割を担うし、コーナーのために良いダウンフォースを得ることが不可欠だ。僕たちはこの種のトラックにむけてクルマを準備するために懸命に働いてきたし、その全てがうまく働けば、僕たちは競争力があるはずだ」

バルテリ・ボッタス 「ハンガリーはウィリアムズに最適とは言えない」

2014年7月23日
バルテリ・ボッタス
バルテリ・ボッタスが、F1ハンガリーGPへの意気込みを語った。

バルテリ・ボッタス (ウィリアムズ)
「ブダペストは、夏休み前最後のレースだ。良い気分で休暇に入れるように良い結果を目指している。僕たちのクルマに最適なサーキットではないのはわかっているけど、僕たちはコーナーでもっとグリップを得ることに取り組んでいるし、アップグレードも助けになるはずだ」

ウィリアムズ:バルテリ・ボッタスが3戦連続表彰台 (F1ドイツGP)

2014年7月21日
ウィリアムズ F1ドイツGP 結果
ウィリアムズは、F1ドイツGPの決勝レースで、バルテリ・ボッタスが3位、フェリペ・マッサがリタイアだった。

バルテリ・ボッタス (3位)
「今日のレースの内容には本当に満足している。僕たちにはぺ―スがあったので、チームとして両ドライバーが表彰台に立てなかったのは不運だった。レース終盤にメルセデスを抑えていたことは、それが可能であること、クルマがとても強いことを示している」

フェリペ・マッサ、接触のケビン・マグヌッセンを非難

2014年7月21日
フェリペ・マッサ
フェリペ・マッサは、F1ドイツGPの1コーナーでのクラッシュを引き起こしたとしてケビン・マグヌッセンを非難した。

オープニングラップの1コーナーでケビン・マグヌッセンと接触したフェリペ・マッサは、反動でクルマが逆さまになったまま数メートルを進んだ。

レーススチュワードは、どちらのドライバーも悪くないとの判断を下したが、フェリペ・マッサは、ケビン・マグヌッセンは事故を避けることができたと確信している。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム