ウィリアムズの2011年11月のF1情報を一覧表示します。

ルーベンス・バリチェロ 「競争力のあるマシンでF1に残る」

2011年11月29日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、お金のためにF1残留を選ぶことはないと述べた。

29日、ロータス・ルノーGPはキミ・ライコネンとの契約を発表。ライコネンは当初ウィリアムズと契約するものとみられていたが、突然交渉が決裂したのは報酬面での折り合いがつかなかったためだとされている。

キミ・ライコネンの線が消えたことでウィリアムズ残留の可能性も高まってきたルーベンス・バリチェロは「大きな契約は必要ではない」とお金は問題ではないことを主張。

パトリック・ヘッド、F1から引退

2011年11月29日
パトリック・ヘッド ウィリアムズ
ウィリアムズの共同設立者パトリック・ヘッドは、今シーズン限りでF1チームを離れることを明らかにした。

1977年にウィリアムズの代表フランク・ウィリアムズとともにウィリアムズ・グランプリ・エンジニアリングを設立したパトリック・ヘッドは、長年チームのエンジニアリング部門責任者を務めてきた。

だが、今後パトリック・ヘッドは、バスや列車などで幅広く商業利用されるフライホイール技術を扱うウィリアムズ・ハイブリッド・パワーの仕事に専念すると語った。

ウィリアムズ:年間5ポイントという厳しいシーズン (F1ブラジルGP)

2011年11月28日
ウィリアムズ F1ブラジルGP 結果
ウィリアムズは、F1ブラジルGPの決勝レースで、ルーベンス・バリチェロが14位、パストール・マルドナドはリタイアだった。

ウィリアムズは今年、わずか5ポイントの獲得でコンストラクターズ選手権9位という厳しいシーズンとなった。

ドライバーズ選手権では、ルーベンス・バリチェロが4ポイントの獲得で17位、パストール・マルドナドは1ポイントの獲得で19位だった。

ウィリアムズ:ルーベンス・バリチェロが12番手 (F1ブラジルGP予選)

2011年11月27日
ウィリアムズ F1ブラジルGP 予選結果
ウィリアムズは、F1ブラジルGPの予選で、ルーベンス・バリチェロが12番手、パストール・マルドナドが18番手だった。

ルーベンス・バリチェロ (12番手)
「素晴らしい気分だよ! 今週末はここにたくさんの家族が来ているので良いラップができてとても嬉しい。チームのためにもファンのためにも嬉しく思っているし、彼らが僕を後押ししてくれたように感じた」

エイドリアン・スーティル、ウィリアムズと来週にも契約?

2011年11月26日
エイドリアン・スーティル
エイドリアン・スーティルが、2012年にウィリアムズでルーベンス・バリチェロに代わってレースシートを獲得すると報じれている。

ウィリアムズとキミ・ライコネンとの交渉は決裂したと複数のメディアが報じており、Marca は、キミ・ライコネン側が1200万ユーロ(約12億4300万円)の1年契約を要求していたと報じた。

パストール・マルドナド 「PDVSAのスポンサー問題は心配していない」

2011年11月26日
パストール・マルドナド
パストール・マルドナドは、ベネズエラの政治によってF1から締め出されることを心配はしてないと主張した。

ベネズエラ政府は、パストール・マルドナドのスポンサーである国営石油会社PDVSAとウィリアムズとの契約条件について調査していると報じられている。

「何が起きているのか正確にはわからないけど、心配はしていない」とパストール・マルドナドはコメント。

ウィリアムズ:F1ブラジルGP初日

2011年11月26日
ウィリアムズ F1ブラジルGP 初日
ウィリアムズは、F1ブラジルGP初日のフリー走行で、パストール・マルドナドが17番手、ルーベンス・バリチェロが18番手だった。

パストール・マルドナド (17番手)
「このトラックはとても楽しいね! 今日は様々なタイヤコンパウンドでのロングランを含め、問題なく予定していたテストプログラムを実施できたのでポジティブだ。レースのための準備に使える良い情報を得ることができた」

キミ・ライコネン、ウィリアムズとの交渉は決裂?

2011年11月26日
キミ・ライコネン
キミ・ライコネンとウィリアムズの2012年についての交渉は決裂したと Auto Motor und Sport が報じている。

一時は、契約間近と報じられたキミ・ライコネンのF1復帰だが、最終戦ブラジルGPを迎えてもウィリアムズからの発表はない。

同誌によると、パドックではウィリアムズとキミ・ライコネンとの交渉が失敗に終わった理由について2つの異なる説が話されているいう。

ウィリアムズ 「2012年のドライバーはまだ決まっていない」

2011年11月25日
ウィリアムズ
ウィリアムズの株主であるトト・ヴォルフは、まだ2012年のドライバーラインアップが決定していないことを明らかにした。

ウィリアムズは、キミ・ライコネンと交渉していることを認めており、トト・ヴォルフは今週ドライバーを決定することを示唆していた。

だが、それ以降、キミ・ライコネンとの交渉は複雑化されているとされ、一説ではライコネンはウィリアムズの株式取得を希望しているため交渉が難航しているとも報じられている。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム