ウィリアムズの2011年04月のF1情報を一覧表示します。

ウィリアムズ、低迷により株価も下落

2011年4月24日
ウィリアムズ
ウィリアムズの2011年シーズンの低迷が、上場したばかりの株価に大きな影響を与えている。

ウィリアムズは、シーズン開幕前にフランクフルト証券取引所に株式を上場。しかし、これまでウィリアムズは、開幕3戦でノーポイント、コンストラクターズランキングも12チーム中10位とF1参戦33年の歴史のなかでも最悪のシーズンスタートを送っている。

ウィリアムズ、サム・マイケルを更迭か

2011年4月19日
ウィリアムズ サム・マイケル
ウィリアムズのテクニカルディレクターを務めるサム・マイケルは、期待外れのシーズンスタートを好転させるために、必要であれば自身の転任や退職もあり得ると考えている。

ルーベンス・バリチェロとパストール・マルドナドはF1中国GPでやっと完走を果たしたが、ウィリアムズは開幕3戦でノーポイントと史上最悪のシーズンスタートを経験している。

ウィリアムズ:今季初完走 (F1中国GP)

2011年4月17日
ウィリアムズ F1中国GP 結果
ウィリアムズは、F1中国GPの決勝レースで、ルーベンス・バルチェロが13位、パストール・マルドナドが18位だった。

ルーベンス・バルチェロ (13位)
「今日僕たちは2ストップ戦略を選択して、他は3ストップだったけど、違いはなかったと思う。マシンはうまく機能してなかった。チームがそれを改善を助けるために懸命に作業するつもりだ。このマシンをもっとうまく機能させる必要があるし、僕たちにそれができることはわかっている」

ウィリアムズ:ポイント獲得を目指す / F1中国GP 予選

2011年4月16日
ウィリアムズ:ポイント獲得を目指す / F1中国GP 予選
ウィリアムズは、F1中国GPの予選で、ルーベンス・バリチェロが15番手、パストール・マルドナドが17番手だった。

ルーベンス・バリチェロ (15番手)
「実験的な週末だった。プラクティスでエキゾーストの新しいバージョンを試した。まだ完全に理解できていないので、予選へは当初のセットアップで臨んだ。Q1には満足していたけど、そのあとはラッシュアワーだったよ! リスタートでは、スーティルが1コーナーで僕をオーバーテイクしようとして、それによって僕たち二人のラップがスポイルされてしまった。僕たちはマレーシアから進歩しているので、ポイントを目指している」

ウィリアムズ:新パーツをテスト (F1中国GP初日)

2011年4月16日
ウィリアムズ F1中国GP
ウィリアムズは、F1中国GP初日のフリー走行で、パストール・マルドナドが12番手、ルーベンス・バリチェロが16番手だった。

パストール・マルドナド (12番手)
「今日はうまくいったし、たくさんのことを学べた。このサーキットは初めてなので、多くの走行ができたのは有益だ。特にP2のロングランでのマシンの感覚は良かった。他がどの位置にいるかはわからないし、彼らがどれくらいの燃料で走っていたかもわからないけど、マレーシアよりは良さそうだね」

ルーベンス・バリチェロ:F1中国GPプレビュー

2011年4月13日
F1 ルーベンス・バリチェロ
が、F1中国GPへの意気込みを語った。

ルーベンス・バリチェロ (ウィリアムズ)
「上海は大好きだ。サーキットのレイアウトが好きだし、2004年の初レースで優勝しているので良い思い出がある。今週マシンにアップグレードを持ち込むので、スピードと全体的なパフォーマンスが改善してくれることを願っている」

パストール・マルドナド:F1中国GPプレビュー

2011年4月13日
ストール・マルドナド
が、F1中国GPへの意気込みを語った。

パストール・マルドナド (ウィリアムズ)
「中国は僕にとって完全に新しいトラックなので、マレーシアでの問題を解決するためにチームと一緒に頑張るだけでなく、レイアウトを学ぶ必要がある。レース間の時間がとても短いのはわかっているけど、僕たちには改善して、より競争的になるポテンシャルがあると思っている」

ウィリアムズ:2戦連続ダブルリタイア (F1マレーシアGP)

2011年4月10日
ウィリアムズ F1マレーシアGP 結果
ウィリアムズは、F1マレーシアGPの決勝レースで、ルーベンス・バリチェロ、パストール・マルドナドともにリタイアだった。

ルーベンス・バリチェロ (リタイア)
「今日はハイドロリックの問題によってリタイアしなければならなかった。チームはまだ何が問題だったかを正確に特定しようとしているところだ。いずれにせよ、事故のあとにパンクしたタイヤを交換するために早めにピットストップしたことで、リタイアしなければならなかったときは後方を走っていた」

ウィリアムズ:パフォーマンス不足を露呈 (F1マレーシアGP 予選)

2011年4月9日
ウィリアムズ F1 マレーシアGP 予選
ウィリアムズは、F1マレーシアGP予選で、ルーベンス・バリチェロが15番手、パストール・マルドナドが18番手だった。

ルーベンス・バリチェロ (15番手)
「予選に必要なペースがなかったと思う。メルボルンよりも強さはあったので、理由を分析し、レースでどの場所にいるか見てみる必要がある。全体的にみてラップはOKだったし、実際マレーシアで最高のラップのひとつだったかもしれないけど、今日はマシンパフォーマンスを相殺するには十分ではなかった。雨が降っても、ドライレースを安定して走れても、ポイントを目指すつもりだ」
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム