ウィリアムズの2008年09月のF1情報を一覧表示します。

ウィリアムズ:ロズベルグが2位表彰台(シンガポールGP)

2008年9月29日
ウィリアムズ F1 ロズベルグ
ウィリアムズ、F1シンガポールGP決勝レースで、ニコ・ロズベルグが2位、中嶋一貴が8位だった。

混乱のレース展開の中、ニコ・ロズベルグが見事に2位表彰台を獲得した。

セーフティカーのタイミングがピットインと重なり、ストップ&ゴーペナルティを余儀なくされたロズベルグ。しかし、ペナルティまでの間に後ろとのギャップを広げたロズベルグはピットアウト後も2位を死守。自身最高位となる2位表彰台を獲得した。

ウィリアムズ:中嶋一貴が初のQ3進出(シンガポールGP予選)

2008年9月28日
ウィリアムズ F1
ウィリアムズは、F1シンガポールGP予選で、ニコ・ロズベルグが9番手、中嶋一貴が10番手だった。

中嶋一貴が初のQ3進出を決めた。予選では、チームメイトのニコ・ロズベルグとのタイムも接近しており、明日の決勝が期待できる。

ニコ・ロズベルグも安定した速さを見せ9番グリッドを獲得した。

ウィリアムズ:中嶋一貴は9番手(シンガポールGP初日)

2008年9月27日
中嶋一貴
ウィリアムズは、F1シンガポールGP初日のフリー走行で、ニコ・ロズベルグが5番手、中嶋一貴は9番手だった。

ハイ・ハウンフォースのシンガポールGPのサーキットは、比較的ウィリアムズFW30に合ったサーキットと言える。

ニコ・ロズベルグは、1回目を5番手タイム、2回目を6番手タイムを記録するなど、好調なスタートを切った。中嶋一貴も9番手までタイムを改善し、自信を見せた。

中嶋一貴(シンガポールGPプレビュー)

2008年9月23日
中嶋一貴
中嶋一貴が、F1初のナイトレース、そして新しいストリートサーキットで行われるシンガポールGPへの期待を語った。

中嶋一貴 (ウィリアムズ)
シンガポールのレースをかなり楽しみにしている。みんなにとって初めての新しい目的地なので、とても面白くなるだろうね。僕たちは今回のレースに備えてシミュレーターでわずかな作業をしていた。シンガポールは多くのコーナーがあるかなり複雑なサーキットだろうけど、僕たちのマシンに合っているだろうね。

ニコ・ロズベルグ(シンガポールGPプレビュー)

2008年9月23日
ニコ・ロズベルグ
ニコ・ロズベルグが、F1初のナイトレース、そして新しいストリートサーキットで行われるシンガポールGPへの期待を語った。

ニコ・ロズベルグ (ウィリアムズ)
サーキットは僕たちのマシンにかなり良く合っているようなので、素晴らしいレースになるだろうね。個人的にストレートサーキットでのレースはいつも本当に楽しい。新しいトラックはしばしばかなり要求が多いし、プラスティスの間に慣れるのに少し時間がかかる。夜のレースはチャレンジを増すだろうけど、ナイトレースの全体のコンセプトは素晴らしいね。

ウィリアムズ、2009年仕様のリアウィングをテスト

2008年9月18日
2009年仕様のリアウィング(ウィリアムズ)
ウィリアムズは、17日(水)のヘレステストで、2009年仕様のエアロパッケージをテストした。

2009年のレギュレーションでは、F1マシンのダウンフォースは約50%まで削減されるとされ、リアウィングは、より狭く高さのあるものになるとされている。

中嶋一貴がドライブするFW30には、見慣れないサイズのリアウィングが装着された。

ウィリアムズ:中嶋一貴は12位完走(イタリアGP)

2008年9月15日
12位で完走した中嶋一貴(イタリアGP)
ウィリアムズは、F1イタリアGP決勝レースで、中嶋一貴が12位、ニコ・ロズベルグは14位だった。

中嶋一貴は、ウェット用のエアロセッティングに変更するためにピットスタートを選択。セーフティカースタートなったため、その選択が功を奏し、最下位からのスタートで12位までポジションをあげた。

一方、5番グリッドからスタートしたニコ・ロズベルグは、乾きはじめたトラックでタイヤ選択のタイミングを誤り、最終的に14番手でフィニッシュした。

ウィリアムズ:中嶋一貴は18番手(イタリアGP予選)

2008年9月14日
中嶋一貴は18番手(イタリアGP予選)
ウィリアムズは、ニコ・ロズベルグが5番手、中嶋一貴は18番手だった。

中嶋一貴 (18番手)
「今日の予選はとても難しかったし残念だった。トラフィックの中でクリーンラップを見つけるのに苦労した。今日の3回目のプラクティスが雨だったし、5番手でフィニッシュして、OKだと思った。トラックコンディションと天候あ午後も同じようなかんじだったので、予選の結果はさらに残念だ。」

ウィリアムズ:中嶋一貴は16番手(イタリアGP初日)

2008年9月13日
コースオフする中嶋一貴
ウィリアムズは、F1イタリアGP初日のフリー走行で、中嶋一貴が16番手、ニコ・ロズベルグが5番手だった。

中嶋一貴
フリー走行1回目 16番手 no time
フリー走行2回目 16番手 1分25秒330
「今日はとてもトリッキーなコンディションだった。それでも、午後のセッションでドライ路面を走れる時間があったことはありがたかった。マシンの全体的なフィーリングは悪くなかったし、ラップタイムも出せていた。でも、十分なスペースがなかったのでタイムが落としてしまった。明日のフリー走行は、今日残した成果を継続するためには重要な時間になるだろう」
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム