元F1ドライバーのマーク・ウェバー 「オスカー・ピアストリの2022年の計画は頭痛の種」
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、彼のクライアントであるオスカー・ピアストリの将来はかなり不確実であり、計画をまとめるのは“頭痛の種”だと認める。

昨年のFIA-F3チャンピオンであるオスカー・ピアストリ(20歳)は、最も急成長しているジュニアレーサーの1人であり、現在、FIA-F2選手権をリードしている。

オスカー・ピアストリは、パフォーマンスに関するチェックボックスにはほぼチェックを入れられる逸材だが、キャリアの次のステップは不明なままとなっている。

アルピーヌF1のジュニアプログラムのメンバーであるオスカー・ピアストリは、2021年のFIA-F2選手権でタイトルを獲得した場合、2022年はFIA-F2には参戦できない。また、スーパーライセンスポイントもFIA基準を快適に満たしているが、2022年F1グリッドには現実的に空席は残っていない。

したがって、ジャム・スポーツ・マネジメントと契約して同じオーストラリア出身のオスカー・ピアストリのマネジメントを担当するマーク・ウェバーにとっては解決しなければならない「頭痛の種」だ。

「彼はF2でレースをすることができないし、必要以上にスーパーライセンスポイントを獲得しているので、少し頭痛の種だ。彼のような若い男にとっては並外れた履歴書だ」とマーク・ウェバーは Channel 4 に語った。

「まだまだ長い道のりがあるし、チャンピオンシップを獲得できなければ問題はないが、もちろん、我々が彼がどのように戦うかを見極める必要がある」

「しかし、タイトルを獲得すれば、彼は来年のそのチャンピオンシップに出場することができない。そのあとは素晴らしいプログラムでなければならない」

「彼をテストできるための準備、2023年のレースシートの準備が目標でなければならないと思う」

「彼は将来の自分のオプションを見つけるようにアルピーヌに多くのプレッシャーをかけている。現在、マーケットは非常に活気に満ちている、もしくは少し終わりに近づいており、シートは狭まってきている」

マーク・ウェバーは、オスカー・ピアストリを含め、現在シリーズで自分自身を確立しているF1の最も明るい展望に参加するチャンスに値する膨大なタレントプールがあると信じている。。

しかし、空席の不足は大きな障害であり、マーク・ウェバーは、F1が「熱意」と「情熱」を持たないドライバーの一部をシャッフルしていくつかの開口部を作る時が来たと感じている。

「スポーツは若い血において安泰だが、このパドックにはルクレール、ジョージ、ランドのようなドライバーがまだたくさんいる。彼らは来年に昇格することはない」とマーク・ウェバーは述べた。

「そして、それは我々がまだ取り組んでいることだ。我々はまだここにいるドライバーの一部を熱意と情熱でフィルターにかけ、新鮮な血を取り入れなければならない」

「彼らはすでにF1にある素晴らしいグループに加わることができるだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マーク・ウェバー