ジャック・ヴィルヌーヴ、現代F1マシンでの走行は「まるで映画の早送り」
1997年のF1ワールドチャンピオンであるジャック・ヴィルヌーブは、イタリアグランプリに続くモンツァでの2021年のアルピーヌのF1マシンのハンドルを握った。

このテスト走行は、2006年のホッケンハイムでのBMWザウバーでの最後のレース以来、51歳のジャック・ヴォルヌーヴが現代的なF1マシンを運転するのはこれが初めてとの経験となった。

トラック、チーム、フェルナンド・アロンソ、さらにはオーバーテイクの難しさなど、変わらないものもあれば、チャンピオンシップ自体の健全性からドライバーのレースまで劇的に変化したものもあった。

カーボンファイバーの真ん中にある有機的な部分でさえ、16年前の2006年ドイツグランプリでジャック・ヴィルヌーヴが最後にエントリーしたときとは異なる種類のものとなっている。

最近では、F1ドライバーはかつてないほど若くなり、ソーシャルメディアのスポットライトを浴びるようになった。ジャック・ヴィルヌーヴの時代にはまだ幼児期だった。
1995年のインディ500のウィナーは、2005年のザウバーとのレースで11 位に終わって以来、モンツァでF1マシンを運転していなかったにも関わらず、彼のマッスルメモリーがどのように作動したかにショックを受けた。

「実際、クルマは非常に安定していた。運転は非常に簡単だったが、グリップは非常に高かった」とジャック・ヴィルヌーヴは話し始めた。

「スピード…脳がそれを理解するのに本当に苦労している。地面に釘付けになり、早送りした映画を見ているような感じだった。本当に印象的だ」

「シミュレーターで周回を重ねた後、(エステバン・オコンとアロンソの)ドライブを見て、ブレーキングポイントがどこにあるかを確認した」

「脳はすべてを覚えているものだ。レーシング ラインや 15~16 年前のことは何でも覚えている」

「どこでブレーキをかけるべきか、どのようにブレーキをかけるべきか、ブレーキングボードでさえ、すべてがそこにある」

「だから、記憶はなくなっていない。でも、その記憶を持ってブレーキを踏んでブレーキングを終えても、コーナーはまだ50メートル先だった!}

ジャック・ヴィルヌーヴがそれほど期待していなかったものの 1 つは、彼が離れている間の空力の進歩だった」

2006年も複雑ではあったが、16 年間の開発と研究により、F1での空力の展開方法が完全に見直された。ジャック・ヴィルヌーブは空力効果を「パラシュート」のようなものだと説明する。

「ブレーキをかけなくても、パラシュートが車にブレーキをかけているように感じる」とジャック・ヴィルヌーブは観察する。

「これほど安定したクルマを運転する機会があったことは思い出せない」

「頭が上がらないのではないかと心配していたが、なんとか上げることができた。今夜、痛みで死にかけているがね!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジャック・ヴィルヌーヴ / アルピーヌ