F1:ジャック・ヴィルヌーヴ、ボッタスとストロールのトレードの大胆提案
メルセデスF1は、2022年のルイス・ハミルトンのチームメイトとして、間もなくバルテリ・ボッタスとジョージ・ラッセルのどちらかを選択すると考えられているが、ジャック・ヴィルヌーヴは大胆な代替計画を提案した。

F1パドックでのコンセンサスは、ジョージ・ラッセルが2022年にウィリアムズからメルセデスF1に移籍することであり、バルテリ・ボッタスはアルファロメオF1のシートを獲得する噂されている。

しかし、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、バルテリ・ボッタスがチームを離れた場合に最適なシートを見つけることをコミットメントしている。

元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、アストンマーティンF1のチームオーナーであるローレンス・ストロールが、トト・ヴォルフとの緊密な関係を活用して息子のランス・ストロールをバルテリ・ボッタスと交代させるという案はどうかと語る。

ジャック・ヴィルヌーヴは、ルイス・ハミルトンがジョージ・ラッセルの加入を好意的に思っていないことを前提としている。

「僕としては、ボッタスは、メルセデスに行くランス・ストロールの代わりにアストンマーティンに移籍するのがいいと思う」とジャック・ヴィルヌーヴは Libero Quotidiano に語った。

「トト・ヴォルフと非常に親しいストロール・シニアの夢は、息子がチャンピオンシップを勝ち取るのを見ることだ。そして、トトはバルテリのための場所を必要としている」

「ハミルトンがラッセルをチームメイトとして好んでいないのは確かだ。ボッタスのように彼を悩ませない人の方がいい」

トト・ヴォルフとランス・ストロール

また、ジャック・ヴィルヌーヴは、ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンとのチャンピオンシップ争いについての彼の見解を示した。1997年のF1ワールドチャンピオンは、マックス・フェルスタッペンにとって、ライバルを倒すための“適切なシーズン”だと信じていると語る。

「彼は非常に好調であり、レッドブルは彼に力を注いている。彼はマシンを完璧に運転している」とジャック・ヴィルヌーヴは語った。

「彼がチャンピオンシップに勝つかどうかにかかわらず、今年は適切な年であり、彼は多くの成熟を遂げた。彼は大きな危機にいるメルセデスと戦い、違いを生む100分の1秒を探している」

「ハミルトンについても同じことが言える。昨年、彼はボッタスと戦ったが、今ではフェルスタッペンと戦っておい、沈まないように立ち上がる必要がある」

「レッドブルはフェルスタッペンに賭けており、今の彼の手には標的に合ったマシンがある。他の誰もこれほど快適になることはできないだろう」

ジャック・ヴィルヌーヴはまた、新世代の中から彼のお気に入りの若手ドライバーを選んだ。

「ランド・ノリスだ。彼はリカルドを破壊した。彼は成長しており、レースで非常に強い」

「彼もストロールのように“パパっ子”だが、彼は努力する必要がなかったドライバーには珍しい印象的なハングリー精神を示している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジャック・ヴィルヌーヴ / メルセデス / バルテリ・ボッタス / ランス・ストロール / アストンマーティン