ジャック・ヴィルヌーヴ 「ウィリアムズの現状は当然の結果」
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、悲しくはあるが、ウィリアムズの現状を驚いてはいないと語る。

ジャック・ヴィルヌーヴは、フランク・ウィリアムズが創設したチームで最後にチャンピオンシップを獲得したドライバーだ。だが、現在、娘のクレア・ウィリアムズが運営するチームは、グリッドで最も遅いチームに落ちてしまった。

F1ロシアGPでは、ロバート・クビサがパーツを節約するためにリタイアを強いられ、スポンサーであるPKNオーレンが抗議している。

「本当に悲しく思うのは近年のチームの運営方法についてだ」とジャックヴィルヌーヴはコメント。

「だが、あのマネジメントを考えれば、彼らが今いる場所も驚きではない。理にかなっている」

「彼らにとって非常に悪い結果となるのは仕方のないことだと思う。あれほどの名前と輝かしい過去があるチームが、かなり酷い運営をされているのは残念だ」

「当然の結果だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジャック・ヴィルヌーヴ / ウィリアムズ