F1 ミック・シューマッハ
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、ミック・シューマッハは2019年にパフォーマンスを発揮しなければならないという巨大なプレッシャーにさらされていると語る。

今年、F2に参戦するミック・シューマッハ(20歳)は、フェラーリ・ドライバー・アカデミーのメンバーとしてバーレーンテストでフェラーリのF1マシンをドライブして大きな注目を集めた。

「今のところ、フェラーリは彼のイメージを利用している。だが、彼が物凄く速くなければ、彼らを彼を潰すことになるだろう」とジャック・ヴィルヌーヴは Expressen にコメント。

「今まではかなり静かだったが、もうその時間は終わった。誰もが極端な目で彼が行う全てを見ていくことになる」

自身もF1のレジェンドであるジル・ヴィルヌーヴを父に持つジャック・ヴィルヌーヴは、同じような境遇を経験したと語る。

「彼が速くなく、ミスをすれば、彼は激しく批判されるだろう。彼はそれに対処するか、家に帰らなけばならない。中間の道はない」

最後に2019年と2021年のルール変更を伴うF1のオーバーテイク改善の取り組みについて質問されたジャック・ヴィルヌーヴは「オーバーテイクがより多くのファンを引き付けるという考えるのは世界で最大の嘘だ」とコメント。

「DRSによってリアルなレースではなくなっているし、それは誰も魅力していない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジャック・ヴィルヌーヴ / フェラーリ / ミック・シューマッハ