F1:セバスチャン・ベッテル、ドイツのアウトバーンへの制限速度の導入を支持
4度のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、ドイツのアウトバーン(高速道路)に制限速度を導入することに賛成していることを認める。

長年ドイツの首相を務めたアンゲラ・メルケルは、次の選挙に立候補しないことを選択し、現在、ドイツで政権交代が行われている。各政党は、アウトバーンに130km / hの制限を導入することをマニフェストに掲げ、環境問題の意識を高め続けているセバスチャン・ベッテルが環境問題は、その政策を支援している。

歴史的に速度無制限だったアウトバーンの見通しについて質問されたセバスチャン・ベッテルは「もっと全体像を見ることが重要だと思う」とコメント。

「排出量に関して、最大200万トンのCO2を節約する方法であり、さらに大きいのは、おそらく道路の安全性は少し向上することだと思う」

「ドイツでは制限速度がないので事故が発生していると思う。だから、それが1人の人間を怪我から救ったり、一人の人間の命を救えるのであれば、まったく悩むことではないと思う」

また、セバスチャン・ベッテルは、アウトバーンの速度制限が、ドイツ国内の人々の自由への押し付けであるという提案にも反論する。

「トルコ、米国、英国や速度制限のある他の国に来ても不自由だとは感じない」とセバスチャン・ベッテルは語る。

「国境を越えたり、もう自由ではないと感じることはない」

「それは僕たちが話している自由ではないと思う。ただ僕たちが慣れていただけのことで、それが今であろうと、数年後であろうと、将来おそらく起こることになると思う」

「僕はそれが無くなっても問題はない」

「速く走りたい人は誰でも、安全にそうでができる場所でそうするべきだ」

「僕は速く走ることでとてもワクワクしる。さもなければ、別の仕事を選んだろう。でも、自分の限界を判断したり、体験したり、テストできるトラックでそうすることがはるかに理にかなっていることも分かっている。周りの他人の危険にさらさないでほしい」

現状では、緑の党が、社会民主党や自由民主党との連立交渉に参加する際に公約を放棄したため、制限速度を導入する当面の計画はない。

緑の党の共同リーダーであるロバート・ハベックは「我々は制限速度を可決させることができなかった」と語る。

「自由民主党(FDP)は制限速度の導入に激しく反対しているが、今年初めに行われた世論調査では、ドイツ人の60%以上が制限速度の導入に賛成していることが示唆されている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル / アストンマーティン