レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン 「リカルドに準備作業を任せたくはない」
ダニエル・リカルドは、2023年にレッドブル・レーシングの公式サードドライバーとして復帰するが、マックス・フェルスタッペンは、自分でシミュレーターに座って自分のドライビングスタイルに合わせて調整したいと語る。

F1チームは、自分たちのF1マシンを公式にコース上でテストすることに多くの制約があるため、ファクトリーにあるバーチャルシミュレーターを活用している。

この最先端のシミュレーターは、Twitchストリーマーが使用するシムリグよりもはるかに高度であり、新しいセットアップを試したり、レースの週末に向けてより多くの情報を得るために使用できることが多い。

ダニエル・リカルドは、F1グリッドでフルタイムのレースシートを確保できなかったため、2023年にサードドライバーとしてレッドブル・レーシングに戻り、彼の役割の一部には、タイヤテストの実施と同時にシミュレーターでの周回数を計測することが含まれる。

しかし、マックス・フェルスタッペンは、ダニエル・リカルドを自由に利用できるとは言え、準備作業は自分で行いたいとSpeedweek(スピードウィーク)に明言した。


「私たちのシミュレーターは、このスポーツで最高のものの1つだ」とダニエル・リカルドは語った。

「その日々はとても長いけど、間違いなくその価値はある」

「また、他のチームのようにテストドライバーにシミュレーターセッションを任せたくはない。自分でやりたいと思っている。誰もが独自のドライビングスタイルを持っているからね」

マックス・フェルスタッペンは、自宅にもシムリグを持っている。先日、接続の問題で参加を断念したバーチャル・ル・マン24時間レースに参加した際にもそれを披露している。

「主に集中力を維持するのに役立つ。家にいると他のことはできないし、シムレースを楽しんでいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ダニエル・リカルド