マックス・フェルスタッペン 「シムレースはF1マシンに戻ったときにプラスの効果」
マックス・フェルスタッペンは、シミュレーションレースで培ったスキルが、F1マシンのハンドルを握ったときに役立つと感じていると語る。

マックス・フェルスタッペンは、オフタイムにシミュレーションレースに参加することを楽しんでいるF1ドライバーの1人であり、最近もバーチャル・ル・マン24 時間レースに再び参加した。

接続の問題で棄権を余儀なくされた後、もう同イベントには戻らないことを示唆したマックス・フェルスタッペンだが、Team Redlineの一員としてシムレースで定期的に競い合っている。

マックス・フェルスタッペンは、オンラインでさまざまなカテゴリーのモータースポーツに参加することは、本番に戻ったときにプラス効果が得られると考えている。

「主なことは、あらゆるシミュレータープラットフォームで、F1以外のクルマでレースをしているということだ」とマックス・フェルスタッペンはWashington Post(ワシントン・ポスト)に語った。

「すべての車がステアリングの入力、スロットル、ドライビングラインなど、別のものを要求してくるので、適応してドライビングスタイルを変更する必要がある」

「できるだけ速く走るために、各マシンで何をする必要があるかを絶えず学んで、適応している」

「結局のところ、それはF1に戻ったときに役に立つ。なぜなら、この経験はすべて頭の片隅にあるからだ」

「F1カーのセットアップに完全に満足できない場合もあるけど、シミュレーターでのさまざまな経験をすべて生かすことができる」

このことが彼を「よりバランスの取れたレーサー」にしているという指摘に対して、マックス・フェルスタッペンは「まさにそれが僕が達成しようとしていることだ」と語った。

それでも、マックス・フェルスタッペンは、シムレースとF1には大きな違いがあることを認める。

「本当にGフォースが恋しい」とレッドブルのドライバーは、現実のF1からシミュレーションへの適応に関して語った。

「実際のレースでは、多くのことをハンドルを通して感じることが重要だ。でも、シミュレーターは非常に正確になってきていると言わざるを得ません。今では、実際のレースカーに対して98%の精度になっていると言える」

マックス・フェルスタッペンは、シムレースから現実のレースへと別の方向に進むことは難しいことだと考えている。

「シミュレーターだけで育ってきた人々にとって、そのまま現実のレースに出るのはかなり大きなステップだと今でも思っていまる」とマックス・フェルスタッペンは付け加えた。

「でも、僕たちはこれまでそれが起こるのを見てきたし、不可能なことは何もない」

「もう1つの重要な違いは、実際のレースには一定のフィジカルが必要なことだ。フィットネスと十分なトレーニングが必要だ。シミュレーターでは、たとえそれがなくても、本当に速く走ることができる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル