マックス・フェルスタッペン 「僕がレッドブルF1のミスを批判するのは許されるべき」
マックス・フェルスタッペンは、レッドブルF1が完璧を達成するのに役立つのであれば、批判することを許されるべきだと語った。

マックス・フェルスタッペンは、チームの計算ミスにより、Q3の最終ラップを中止することになった後、フラストレーションを露わにした。フェルスタッペンのマシンにはラップを完了するのに十分な燃料がなく、FIAに提出する必要な量のサンプルにタンクにまだ残っている状態でピットに戻らなければならなかった。

レッドブルF1は、路面が乾いて路面が速くなったことで周回数を誤って計算した。

マックス・フェルスタッペンは、最後のラップの最終コーナーに近づいたときにピットインするように命じられ、ラジオで『なぜ? どういうこと?』と繰り返した。

マックス・フェルスタッペンは、その前のフライングラップで、前にいたピエール・ガスリーとのギャップを作るためにリラックスするように言われていた。

最終的にマックス・フェルスタッペンは、日曜日の決勝を8番グリッドからスタートすることになった。

滅多にチームを批判することのないマックス・フェルスタッペンだが、どんな批判も両方の方向に作用する可能性があると考えていると述べた。

「わかっているけど、僕は批判的なアプローチが好きだ」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「僕が失敗したとき、彼らは僕がミスを犯したことを知っているとも言うことができるからね。また、逆であってもいいと思う。それが僕たちがお互いを正しい方向に向かわせるための方法だからだ」

「僕たちは完璧になりたいと思っている。グッドではなく、パーフェクトになりたい」

チームに自分の考えを伝えたかどうか尋ねられたマックス・フェルスタッペンは「彼らは私の顔を見たとき、僕が無線で言ったことを知っていたと思う」と語った。

マックス・フェルスタッペンは、ピットウォールがラップカウントを正しく計算するべきだったと断言した.

「もちろん、余分なラップがあったことに少し驚いたと思う」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「でも、それを追跡することができる。それが来るのを見ることができる。だからこそ、それがどのように失われたのか、僕にはよく分からない」

「もちろん、後から考えると、彼らは最終ラップのギャップを作るためにすでに中止するように僕に言う前に、僕にラップを完了させるべきだった。これもすべてピエールが目の前にいることで少し引き起こされた。最終ラップのためにギャップを作らなければならなかったの彼に近づいていたことが理由だ」

「でも、それは言い訳にはならない。車の燃料量は分からない。でも、僕たちはこの種のものを追跡するためのセンサーが世界中にある」

「信じられないほどフラストレーションを感じている。なぜなら、僕たちは良い車を持っていたと思うからだ。条件はトリッキーだったけど、僕はそれが好きだ。マシンも非常にうまく機能していた」

マックス・フェルスタッペンは、ピエール・ガスリーとのギャップを作るように言われて中断された最後から2番目のラップが、ポールを獲得するのに十分な速さだったと断言した。

「Q3での最速タイムまで、すでに2秒以上も迫っていた。最後のセクターでヒヤっとする瞬間はあったけど、そのラップでこれらの2つのコーナーに到達する前にすでに2秒くらいアップしていたと思う」

「それは大きなタイムだった。ウォールで真っ逆さまになっていた可能性もある! でも、僕たちはそれをセーブした」

「通常、クルマに十分な燃料があれば、最後のラップは速かっただろう。車に十分な燃料がないことを知らなかった」

「問題はなかった。間違いなくポールだっただろう。さっきも言ったように、1分51秒3は最終コーナーの前に最後のシケインで本当に大きなスライドがあった。 だから、多くのタイムがあった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル