マックス・フェルスタッペンのスポンサーのCEOがマネーロンダリングで逮捕 / F1
マックス・フェルスタッペンのマネージャーであるレイモンド・バーミューレンは、レッドブル・ドライバーの長年の個人スポンサーであるジャンボのCEOが先週マネーロンダリングで逮捕された件に関して「注意が必要だ」と語った。

オランダのスーパーマーケットチェーンの最高経営責任者であるフリッツ・ファン・イェルトは、先週の火曜日、国の金融および税務犯罪サービスとその検察庁によって実施される調査の一環として彼の家と他のいくつかの場所をオランダの警察によって家宅捜索された後、マネーロンダリングと脱税の疑いで逮捕された。

マックス・フェェルスタッペン家の個人的な友人であり、WEC や歴史的な F1 レースに出場したレーサーであるフリッツ・ファン・イェルトは、不動産や自動車の不正取引、説明のつかない現金預金とポンサー契約に関与しているとされている。

しかし、マックス・フェルスタッペンのスポンサーであるジャンボが、疑わしいマネーロンダリング計画に関与しているとは考えられていない。

「ここでは注意が必要です」と レイモンド・バーミューレンはAlgemeen Dagbladに語った。

「事実が明らかになるのを待っている。ジャンボと連絡を取り合っており、マネジメントとマーケティングは通常どおり継続している」

レイモンド・バーミューレンは、彼とフェルスタッペン陣営は、より明確になるまで静観するアプローチを取っていると語った。

「我々はジャンボと契約しており、スーパーマーケットは調査の対象ではない。それは明確に述べられている」とレイモンド・バーミューレンは語った。

「あらゆる種類の示唆的なことに注意して、事実が明らかになるのを待とう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / F1スポンサー