レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン 「フェラーリを追いかけている感覚がある」
レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、F1オーストリアグランプリでフェラーリに大敗を喫した後、チームはパッケージを最大限に活用できていなかったことを解明したと語った。

前戦F1オーストリアグランプリでは、レースの早い段階でシャルル・ルクレールがマックス・フェルスタッペンをオーバーテイク。レッドブル・レーシングが早めのタイヤ交換で揺さぶりをかけたが、ロングスティントを走行してライバルを抑えた。

マックス・フェルスタッペンは、チームのレース後の分析により、RB18をレースに向けてもっとうまく準備できていた可能性があることが明らかになったと語った。

「タイヤ関連だけではなかったと思う」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「オーストリアでは、車をセットアップした方法も正しくなかったと思う。純粋にセットアップだけはなく、車のパッケージでもね」

「僕たちが学んだことによって、全般的に競争力を高められることを願っている」

F1オーストリアグランプリはスプリントフォーマットの週末だったことで、F1チームはセットアップに取り組んで車をダイヤルインさせるためのプラクティスが1時間しかなかった。

「それは理想的ではなかった」とマックス・フェルスタッペンは認めました。

「その週末はかなり忙しい。週末の終わりごろ、それは明らかに僕たちが車に期待していたものではなかったことがわかった」

シャルル・ルクレールの勝利により、チャンピオンシップ首位のマックス・フェルスタッペンとの差を縮めることに成功した。

マックス・フェルスタッペンは、フェラーリがオーストリアで「僕たちが予想していたよりも少し強かった」と認めた。

「でも、僕たちは間違いなく自分たちが期待していたものを下回っていたと思う。良い日には良い戦いは僕たちの手の中にあるけど、良い日を過ごせなかった。その状態で彼らと戦うことは常に困難だ」

「だから、少なくとも通常の状態に戻らなければなたない。でも、もちろん、僕たちは全般的に常に改善したいと思っている。それを今週末に見せたいと思っている」

両方のチャンピオンシップでのポイントアドバンテージにもかかわらず、マックス・フェルスタッペンはチレッドブル・レーシングが今年のパフォーマンスでフェラーリを大幅に下回ったと考えている。

「これまでのところ、僕たちにとって支配的な週末のようなものはなかった」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「全般的に、今年の初めは僕たちがフェラーリを追いかけ、打ち負かそうとしているように感じていた。もちろん、彼らはいくつかリタイアして、僕たちはそれを利用し、または戦略の判断もあった」

「だから、全体的にまだ少し追いかけているというのが僕たちの感覚だと思う。そして、車の重量、つまり、僕たちはまだ太りすぎであり、ラップタイムも犠牲にしている」

マックス・フェルスタッペン レッドブル・レーシング F1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル