レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン 「ユーリ・ビップスは2度目のチャンスに値する」
マックス・フェルスタッペンは、レッドブルF1のプログラムから解雇されたユーリ・ビップスが2度目のチャンスに値すると信じており、彼は自分のしたことが間違っていたことを理解していると語った。

ユーリ・ビップスは、Twitchでライブストリーミング中に人種差別的な言葉を使用した後、レッドブルF1との契約を解除されたが、F2チームのハイテックGPでシートは維持している。

レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは「メンタルヘルスと教育の観点から我々は彼をサポートしていく」と誤解を招くようなコメントをしたため、ユーリ・ビップスはある程度チームに留まると信じられていたが、後にヘルムート・マルコによって否定された。

マックス・フェルスタッペンは、21歳のユーリ・ビップスのことを他の人よりよく知っており、「2度目のチャンスに値する」と感じていると語った。

「彼はリザーブおよびテストドライバーとしてオラクル・レッドブル・レーシングのメンバーではない」とGPFans.comにマックス・フェルスタッペンは語った。

「僕は人は2度目のチャンスに値すると感じている。3回目はないかもしれないけど、実際にそれが誰かをどれほどひどく傷つけることができるかについて考えさえしないで、不用意に言ってしまうこともある」

「僕はユーリのことを普通の人より少し知っている。彼は実際にはとてもいい人だ、そして、彼は本当に間違ったことをしたことを理解していると思う。彼はキャリアのなかで誰もが彼をジャッジする困難な時期にいる。十分に公平に言えば、彼の言ったことは正しくなかった」

「彼は間違いなく2回目のチャンスに値すると思う。僕は、F2からの声明を読んだし、彼らなら同じようにはしなかっただろうけど、彼は自分が間違ったことから学んだことを示し、そこに出て、より良い人になれること、もしくは少なくとも皆さんがいうもう少し教育を受けということをを示すために2回目のチャンスに値する」

だが、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、チームからの支援はもうなくなったと語っており、ユーリ・ビップスに2回目のチャンスが与えられるとすれば、レッドブルF1とは関係がないものになるだろう。

「明確にしたい」とヘルムート・マルコはORF Tirolに語った。

「ユーリ・ビップスはもうレッドブルからいかなる支援も受けていない。自分の行動に責任を持つ必要があり、その結果、我々の協力は終了した」

しかし、ヘルムート・マルコは、若いドライバーへの影響の厳しさについていくらかの遺憾の意を表明した。

「もちろん、言葉は才能のあるアスリートのキャリアを破壊する理由ではない」とヘルムート・マルコは語った。

「特に彼が謝罪したときはね。しかし、これらは世界的な傾向だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル