マックス・フェルスタッペン 「18歳でF1初勝利を収めた思い出のサーキット」 / レッドブル・レーシング F1スペインGP プレビュー
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)が、2022年F1第6戦スペイングランプリへの意気込みを語った。

カタルーニャ・サーキットは、2016年にマックス・フェルスタッペンがレッドブル・レーシングに移籍した初戦でF1初勝利を収めたサーキット。現在、2連勝をしているフェルスタッペンは、思い出のサーキットでその勢いを維持したいと語る。

「マイアミでは素晴らしい1週間を過ごしました。それ以来、家族と一緒に休む時間があったし、今はバルセロナでドライブするのを楽しみにしている」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「18歳だった2016年にF1で初勝利を収めたトラックには多くの良い思い出がある。カタルーニャ・サーキットは、長年にわたってテストを重ねてきたので、チームとして熟知しているトラックだだし、マイアミとは違って、レースに向けて使用できるかなりの量のデータがある」

「金曜日からクリーンなスタートを切って、過去数戦からの勢いを維持できることを願っている」

マックス・フェルスタッペン レッドブル・レーシング 2022年 F1 スペイングランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / F1スペインGP