レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン 「ペレスは新世代F1マシンを快適に感じている」
マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・レーシングとの契約延長の交渉を進めているチームメイトのセルジオ・ペレスを支持している。

マイアミGP後、セルジオ・ペレスは、レッドブル・レーシングと2023年シーズンの新しい契約について話し合いを始めたことを明らかにしている。2021年にチームに加入して以来、ペレスは単年契約を結んでおり、最新の契約を今シーズン末で期限を迎える。

レッドブル・レーシングでのハイライトには、昨年のアゼルバイジャングランプリでの優勝、7回の表彰台、2022年のサウジアラビアグランプリでのF1初ポールポジションが含まれる。また、2021年のアブダビでのチャンピオンシップ対決戦でのルイス・ハミルトンとのハードファイトは賞賛を得ている。

今シーズンのセルジオ・ペレスのパフォーマンスについて質問されたマックス・フェルスタッペンは、レッドブル・レーシングはペレスの努力に満足していると信じており、今シーズンに向けてF1レギュレーションが変更されたことで、セルジオ・ペレスは車の中でより快適そうに見えると述べた。

「彼は車の中でとても幸せそうなので、それはチームにとって本当に良いことだ」とマックス・フェルスタッペンはRacingNews365.comを含むメディアに語った。

「もちろん、チームで1年を過ごすことは有益だと思う。また、新しいルールへの変更も役立ったと思う。全員がゼロから始めなければならなかったからね」

その後、マックス・フェルスタッペンは、2021年のチャンピオンシップでの成功に続いて、グランプリの週末に取り組む方法が変わったかどうかについて質問を受けた。

マックス・フェルスタッペンは、個人的な改善には飢えているが、強力な車がなければ、パフォーマンスの向上はほとんど見過ごされてしまうと語る。

「当然、毎年もっと良くなりたいと思っていると思うけど、そのためには車も必要だ。幸いなことに、僕たちは非常に競争力のある車を持っている」とマックス・フェルスタッペンは語った。

マックス・フェルスタッペンは、エラーを最小限に抑えながら、クルマのパフォーマンスを最大化するという彼のアプローチを継続すると付け加えた。

「僕サイドでは、実際には何も変わらない」とマックス・フェルスタッペンは付け加えた。

「同じことをしようとしている。できる限り一貫性を保ち、ミスを犯さないようにして、最終的には週末ごとに可能な限りベストな結果を得ようとしている」

「すべてのレースの週末を分析し、次の週末に再び良くなるように努めているけど、僕サイドから見るとフィーリングもかなり似ている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / セルジオ・ペレス