レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン 「信頼性問題が解決したとは言い切れない」
マックス・フェルスタッペンは、2022年最初の3レースのうち2レースをリタイアした後、レッドブル・レーシングが信頼性の問題を解決できたか確信が持てないと認める。

現役F1ワールドチャンピオンであるマックス・フェルスタッペンは、サウジアラビアGPでの優勝によってランキング6位につけているが、他の2戦ではリタイアしたことでまだ25ポイントしか獲得できていない。故障はパワーユニットと燃料システムに関連したものだった。

レッドブル・レーシングは、パーツを日本のホンダに送って調査を重ね、問題があった箇所は修正したとしているが、問題を解決したかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「異なる問題だったし、僕たちはそれらを解決してきたけど、もちろん、それが機能しているかどうかは時がたてばわかることだ」とコメント。

「現時点では言うのは難しい。でも、チームは常にすべての問題を解決するために最善を尽くしていることを僕は知っている」

マックス・フェルスタッペンは、6日間のプレシーズンテストではレッドブル・レーシングが開幕後に直面した問題の兆候はなかったは付け加えました。

「シーズンの最初のレースを開始する前にテストは非常にスムーズだったので、少し予想外だった。今週末見てみるつもりだ」

今週末はスプリントフォーマットが適用され、プラクティスは事実上1時間しかない。マックス・フェルスタッペンは、特にイモラの悪天候によって、今後のランニングが重要になると語った。

「僕はこれらの車でウェットでドライブしたことがないので、実際に何が起こるかを見て、そして、今日の予選で、天気がどうなるかを見るのは興味深いだろう。とても重要な日だ」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

今週末、レッドブル・レーシングがどれほど競争力があると思うかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「運転していないので、僕にはわからない」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「これまでのところ、僕たちはすべてのトラックで競争力がある。もちろん、他のトラックよりも少し優れているものもある。車を改良し続け、もちろんレースを終える必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1エミリア・ロマーニャGP