「フェルスタッペンはフェラーリとの銃撃戦にナイフで挑んだ」とF1評論家
2022年F1シーズン序盤のスクーデリア・フェラーリに対するレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンの戦いぶりをF1評論家のトム・コロネルは、『銃撃戦にナイフで立ち向かった」と例えた。

フェラーリは、2回のプレシーズンテストの開始当初から速さを見せ、シャルル・ルクレールもしくはカルロス・サインツのいずれかが、タイムシートのトップ2に登場しないことはほとんどなかった。

レッドブルも見すぼらしい状態ではなかったが、開幕戦バーレーンGPでマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスがレース終了に同じ燃料ポンプの問題でリタイアする前でさえ、2番目に優れたマシンではあり、フェラーリに対してある程度追いつく必要があった。

しかし、現役F1ワールドチャンピオンであるマックス・フェルスタッペンは、F1サウジアラビアGPでのシャルル・ルクレールとのスリリングな血統を制し、タイトル防衛にむけて今シーズン初勝利を収めた。

だが、レッドブル・レーシングは、4月24日にイモラで開催されるF1エミリア・ロマーニャGPからRB18は8kg軽量化するとされ、潜在的に速くなることが予想されるおり、今後はレッドブルにとってより有望に見える。

「私が見る限り、これまでフェラーリの方が優れた車だった」とオランダのレーシングドライバーであるトム・コロネルはAD.nlに語った。

「マックスはナイフで戦い、ルクレールは銃で戦っていた。今、彼らは両方とも銃を持っている。彼ら(レッドブル)にハンディキャップがあることは知っていたが、それも今では解決されているはずだ。それはとても良いニュースだ。マックスは今、戦闘に参加することができる」

トム・コロネルは、余分な重量を削減するとが車のパフォーマンスにどのように影響するかについて説明した。

「重要がすべてだ」と1999年にアロウズのF1マシンをテストし、他のカテゴリーで1,000レース以上の経験のある50歳のベテラン5は付け加えました。

「軽量化により、ブレーキをかけやすくなり、加速しやすくなる。満タンの燃料タンクと半分満タンの燃料タンクで車を運転した場合のラップタイムの違いがどれほど大きいかわかるはずだ」

「非常に信頼できる情報源から、彼ら(レッドブル)がここ数週間で問題の75%を解決したと聞いている」

「約7キロが車から取り除かれた。フロアが軽くなり、他の多くの部品が少し軽くなっていると思う」

「ツーリングカークラスの我々の場合、重量が10kg軽くなるということは、ラップで0.1秒速くなることを意味する。F1カーはかなり軽いので、効果は2倍になると計算している」

「レッドブルが1ラップあたり0.2秒速くなったとしたら、サウジアラビアの50ラップ周で、レッドブル(フェルスタッペン)は10秒速くなっただろう。そういった計算になる。違いは非常に大きい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル