「マックス・フェルスタッペンは王座獲得で一皮むけたはず」と元F1王者マリオ・アンドレッティ
マックス・フェルスタッペンは2021年にF1ワールドチャンピオンを獲得したことによって今後のF1キャリアにむけて“良い場所”に置かれたと1978年のF1ワールドチャンピオンであるマリオ・アンドレッティは考えている。

物議を醸しているものの、ファイナルラップでルイス・ハミルトンをオーバーテイクするという劇的な展開で自身初のF1ワールドチャンピオンを獲得したマックス・フェルスタッペンは、王座が自分の人生を変えることはないと述べている。

しかし、マリオ・アンドレッティは、自身の経験に基づいて、F1の新しいワールドチャンピオンが、よりゆったりとしたリラックスした態度で今後のF1での挑戦に取り組めるようになったと考えている。

「自分が望むすべてだと言うことができるが、自分の究極の目標を達成すると、肩から多くのプレッシャーが下りるものだ」とマリオ・アンドレッティはRacingNews365に語った。

「よりリラックスすることほど良い状況はない。そのような心理状態にいるときは、物事をさらに良くするだけだ。彼はとても良い場所にいる。彼はとても激しく戦い、おそらくそれを繰り返すことを楽しんでいる。それが人を動かし、人をやる気にさせる。しかし、少なくともひとつそれを経験している。それは巨大だ」

「私に表現できるのは、究極の目標である何かを達成してそのような状況にいるとき、私の考えがどうだっただけだがね」

「ついにそれを達成するときは『なんということだ』という気持ちだ。そこからは物事はすべて良くなっていく!」

また、マリオ・アンドレッティは、マックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンを倒したおかげで、F1ファンだけでなく、ライバルにも別の見方をされると強調した。

「そのようなことを達成すると、通常、ファンは異なる評価をする」とマリオ・アンドレッティは個人的な経験から語る。

「あのようなオレンジ色のプルーム(煙)などを見せることで、フェルスタッペンのファン層がどれほど強いかを知ることができた。スタンドは彼らで満員だった!」

「彼らの信頼を正当化した。そしてそれを達成した今、彼らは特別な評価をしていることを知っている。それはすべて良いことだ」

「これらはすべてポジティブであり、そのために仕事をして、そのために汗を流している」

「それは決して簡単なことではない。だからこそ、最終的にそれを達成すると、適切な人々が実際にそれを評価し、彼らはそれを示すようになる。物事は決して同じではなく、より良くなるだろう」

「敬意もある。ライバルがそれを示すかどうかにかかわらず、ライバルからもある程度の敬意を払われることになる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1