フランツ・トストが語る「フェルスタッペン主体のレッドブルのF1マシン開発」
アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、マックス・フェルスタッペンには独特のドライビングスタイルがあり、レッドブルF1がマシンをそこに合わせていることで、2人目のドライバーは苦戦を強いられている可能性があると語る。

これまでマックス・フェルスタッペンは、レッドブル・レーシングでピエール・ガスリー、アレクサンダー・アルボン、そして、セルジオ・ペレスという3人のチームメイトを迎えているが、どのドライバーもフェルスタッペンのパフォーマンスに匹敵することに苦労している。

だが、フランツ・トストは、ピエール・ガスリーがレッドブルレーシングに戻って、マックス・フェルスタッペンに近い走りができると確信している。

2019年シーズン中盤に成績不振によってレッドブルから降格したピエール・ガスリーは、トロロッソ/アルファタウリに戻ってから力強く挽回し、ミッドフィールドで最も一貫したドライバーの1人に成長した。

また、2020年後半にF1イタリアGPを獲得してレースの勝者となったピエール・ガスリーは、2022年にセルジオ・ペレスとの契約更新が発表されるまでレッドブル・レーシングの復帰を目指していた。

ピエール・ガスリーは2022年もアルファタウリに残留することが決定しているが、フランツ・トストは、ガスリーがマックス・フェルスタッペンに最初の機会よりもプレッシャーをかけることができるレベルに達したと考えている。

「ガスリーは近い走りができるだろう」とフランツ・トストは Sport1 に語った。

しかし、アルファタウリとは異なり、ピエール・ガスリーはマックス・フェルスタッペンに合うように開発されているマシンに苦戦した。フランツ・トストは、その部分がガスリーにとって再び挑戦になるだろうと認める。

「しかし、マックスはチームのテクニカルリードドライバーだ」とフランツ・トストは語った。

「言い換えれば、彼は思い通りにクルマを開発している。それによって2人目のドライバーが苦労しているのかもしれない」

フランツ・トストは、マックス・フェルスタッペンは独特のドライビングスタイルの持ち主だと語る。

「具体的には言いたくないが、彼はブレーキングポイントを最大限に活用する方法について独特の感覚を持っている」とフランツ・トストは語った。

「マックスのために作られたマシンなのでとても相性がいい。彼らは運転スタイルが違うからだ」

ピエール・ガスリーは、2022年におそらく遅いマシンでもう1シーズンを過ごすことになるが、フランツ・トストはレッドブル・レーシングでチャンスを得るための時間はまだ十分にあると考えている。

「ガスリーは我々とくつろいでいる」とフランツ・トストは言った。

「我々は彼のすべての願いを叶えたいと思っている。私は彼とたくさん話をしている。彼はまだ若くて時間がある。大丈夫だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / ピエール・ガスリー / アルファタウリ