ヨス・フェルスタッペン、F1オランダGP後にヘリコプターで病院に搬送
マックス・フェルスタッペンが、母国レースで印象的な優勝を飾ったF1オランダGPの後、父親のヨス・フェルスタッペンはヘルコプターで病院に搬送された。

De Telegraaf の報道によると、息子の優勝を見届けたヨス・フェルスタッペンは、腹部に痛みを訴え、ヘリコプターでルールモントの病院に運ばれました。

元F1ドライバーは腹部に激しい刺すような痛みを感じた」と De Telegraaf に報道。

「サーキットでは、彼の胆嚢または腎臓結石に問題があると考えられた。だが、49歳のフェルスタッペンは腸に炎症を起こしていることが判明し、抗生物質を投与された」

幸いなことに、長期的な問題の兆候は見られず、ヨス・フェルスタッペンは完全に回復すると伝えられている。

マックス・フェルスタッペン

マックス・フェルスタッペンにとって、ザントフォールトでの勝利は間違いなく彼のキャリアの中で最も重要なものの1つだった。それはフェルスタッペンのプレッシャーに対処する能力に疑いの余地がないことを示した。

マックス・フェルスタッペンは、2021年シーズンは初めてのチャンピオンシップバトルを経験しているが、すべてを難なく切り抜けており、要求の厳しいファンが集結して計り知れないプレッシャーがかかるレースでも圧勝してみせた。

「ここに来る前からファンがずっと高い期待を持っていることを分かっていた」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「もちろん、彼らは勝つことを望んでいる。でも、ここに着くまでそれは決して簡単ではなかった」

「シーズン全体で、メルセデスと僕たちが本当に僅差なことをすでに目にしていると思う。最終的に結果を出す必要がある」

「もちろん、すでにポールに非常に満足していたけど、レースにも勝つこともできた」

「もちろん、ファンの前で勝つことは、信じられないほどの気持ちだけでなく、王様も家族と一緒に見守っていた。素晴らしい日だった」

「僕は運転に集中する必要があることを知っているし、それはかなりストレートなことではあるけど、もちろん、当然のことながら、気を散らすことがたくさんある。特にグリッド上について、マシンを運転し、より多くの観客が集まっている」

「僕たちは、マシンに乗ったら仕事にだけ集中できるプロフェッショナルだと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1オランダGP