マックス・フェルスタッペン 「アウトラップはポールを逃した要因ではない」 / レッドブル・ホンダ F1ハンガリーGP 予選
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2021年F1ハンガリーGPの予選を3番手で終えた。

Q3の1回目のアタックで3番手だったマックス・フェルスタッペン。2回目のアタックでは、前を走るルイス・ハミルトン(メルセデス)が最終セクターで減速したこともあり、自分のペースでタイヤを温めることができなかったが、ポールを逃したのはそれが要因ではないとフェルスタッペンは語る。

「レースウイーク全体で少し後れを取っていたけど、それが予選でも同様になってしまった」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「Q3でのラップはQ2よりも下がったけど、何らかの原因で同じだけのグリップが得られなかった。それが路面なのかタイヤに関連するものなのか分からないけど、プッシュするには少しバランスが悪くなり、次々とコーナーを迎えるコースなので、一か所で感覚がよくないと、その次も同様になってしまう」

「最後のアタックではタイムを落としてしたけど、もう少し速いアウトラップができればバランスはもっとよかったはずではあるものの、それでポールポジションが獲れたとは思っていない」

「3番手というのは望んでいた結果ではなく、満足はできないけど、隣からスタートするチェコ(ペレス)とともにまだ諦めていないので、レースで何ができるか確認していく」

「明日はとても暑くなるはずなので、ソフトタイヤでのスタートというのもいい戦略になると思う。ソフトはミディアムほど持たないけど、スタートでは役に立つはずだ。このコースではスタートがとても重要なので、最高の結果を持ち帰るためにも、いい形で戦えるようにしていく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1ハンガリーGP