レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン 「リカルドとはプライベートでも仲がいい」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、元チームメイトのダニエル・リカルドとはプライベートでも仲がいいと明かし、F1以外のことも語れる仲だと語った。

マックス・フェルスタッペンはとダニエル・リカルドは、お互いに近くに住んでおり、2019年にリカルドがレッドブルF1を去った後も、信頼関係を維持している。

二人はレッドブルで同じガレージを共有していたときに、2回のコース上での事件があった。バクーでは同士討ちを演じ、ハンガリーでマックス・フェルスタッペンに接触されたダニエル・リカルドは『f**k』と怒りを露わにした。

ダニエル・リカルドの離脱以降、ピエール・ガスリーもアレクサンダー・アルボンもマックス・フェルスタッペンに追いつくことができず、すぐに放出された。

ダニエル・リカルドも、マックス・フェルスタッペン重視のチームの雰囲気に不満を持っていたが、それでもフェルスタッペンについて高く評価している。

マックス・フェルスタッペンを称賛した後、自分の性格について質問されたダニエル・リカルドは「僕は良い心を持っている人間だと思う」と笑いながら Sky Italia に答えました。

「僕はいつも彼らとうまくやっていた。レッドブルはとてもいい人だし、僕たち全員がそれに突き動かされている思う。もちろん、コース上では常にお互いを打ち負かしたいと思うものだけど、コース外でも同じように楽しむことができる」

現在のチームメイトであるセルジオ・ペレスは、マックス・フェルスタッペンの労働倫理について、進歩を追求するために休みをとらないと述べました。

しかし、マックス・フェルスタッペンは、ダウンタイムでは近くに住んでいるダニエル・リカルドと過ごす時間を楽しんでいると語る。

「リカルドと僕は二人ともモナコに住んでいるので、もちろん、お互いを少し会うことがある」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「たとえば、僕たちは一緒にサーキットに行き、飛行機を共有することがよくある。F1について話すだけでなく、他のことについても話をする。結局、F1は人生の一部だけど、それがすべてではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ダニエル・リカルド