レッドブル・ホンダF1のフェルスタッペン、ハミルトンに返報「行動は常に言葉よりも雄弁」 / F1モナコGP 決勝記者会見
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1モナコGPで勝利。週末に先立って口撃を仕掛けてきたルイス・ハミルトンに「行動は常に言葉よりも雄弁」だと返報した。

F1モナコGPの週末に先立ち、メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、今年のタイトル争いでマックス・フェルスタッペンには「証明することがたくさんある」と主張。フェルスタッペンはすぐに「僕には証明するものが何もない」と反論していた。

そして、F1モナコGPではマックス・フェルスタッペンは、快適な勝利を収めてドライバーズチャンピオンシップで首位に浮上。逆に、ルイス・ハミルトンはメルセデスのF1ドライバーとして最も困難な週末の1つに耐え、7位でフィニッシュした。

マックス・フェルスタッペンは、レース後のドライバーの記者会見で、コース上で会話をすることを好むと語った。

「まず第一に、行動は常に言葉よりも雄弁だ」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「今週末以降、それは良い教訓になると思う。トラックで話さなければならない。それが僕が好きなことだ。僕たちチームはこれまでのところミスを最小に抑えている。それが僕たちが前にいる理由だ。残りシーズンでそれを続けられることを願っている」

マックス・フェルスタッペンは、ソフトタイヤのマネジメントとスタートでバルテリ・ボッタスをカバーできたことがモナコでの初優勝に不可欠だったと考えている。

「今日は素晴らしい日だった」とマックス・フェルスタッペンは付け加えた。

「ここモナコでは追い抜きがとても難しいので、まず自分のポジションに留める必要がある。それが僕が確実にやり遂げようとしていたことだ。ターン1でリードした後は、ペースをうまく管理し、タイヤをケアすることができた。ここでは、基本的にタイヤを生かし、ピットラップを見つけるためにできるだけ長く走ることが重要だ」

「バルテリはある時点でタイヤに少し苦労していて、ピットインしなければならなかったと思う。ずっとかなりスムーズに進めていたように見えるかもしれないけど、ここで集中力を長く保つのは簡単ではない。全体として、ここで勝つことができてとてもハッピーだ」

セルジオペレスの4位入賞は、レッドブルがコンストラクターズチャンピオンシップをリードすることを意味します。これは、メルセデスが2018年以来初めてのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / ルイス・ハミルトン