レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン 「まだデプロイメントではメルセデスのPUの方が優勢」 / F1スペインGP
ホンダのF1エンジンは2021年にパワーアップが果たしたが、エネルギーのデプロイメントの点ではまだメルセデスが優位性を報じているとマックス・フェルスタッペンは考えている。

2021年のF1マシンは昨年からキャリーオーバーされている部分が多いが、レッドブルとホンダF1は冬の間にパフォーマンスを大きく向上され、2チームの差はわずかなものになっている。

現時点では、レッドブル・ホンダのF1マシンの方が予選の一発の速さでは速いように見えるが、レースではメルセデスの方が優れたマシンだと考えられている。

メルセデスとホンダのF1エンジンの差は冬の間に劇的に縮小したが、マックス・フェルスタッペンはまだいくつか重要な特徴の違いがあると感じている。

「総合的にメルセデスのF1エンジンの方がラップで生成できるエネルギーという点ではまだ少し優れていると思う」とマックス・フェルスタッペンはF1スペインGPの前に説明した。

「純粋なパワーという点では、僕たちは本当に同じレベルにいると思う。あとはマシンがどのようにセットアップされているかに依存する。その点で、ポルティマオは何らかの理由で僕たちにとってちょうど最適ではなかった」

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ホンダのF1エンジンの冬の進歩は、メルセデスが昨シーズンの終わりにいた場所と同等だと考えている。

「ホンダは素晴らしい仕事をした」とクリスチャン・ホーナーは言った。

「昨年末のメルセデスの位置と一致していると測定できると思う。彼らはスポーツでのラストイヤーである今年に多大な努力を注いできた。彼らは本当に堂々とF1を去りたいと思っている。彼らの努力には本当に感銘を受けている」

レッドブルとメルセデスのシャシーの比較に関して、マックス・フェルスタッペンは、週末のフォームは各チームがそのセットアップをどれだけうまく活用したかにかかっているほどタイトであると述べた。

「僕はいつもマシンが進化し続けるものだと言ってきた。それは僕たちが常にそれらを最大限に活用しなければならないことを意味する」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「確かに、長所と短所は常にあるけど、そこはマシンでバランスをとることが重要だと思う。必ずしも簡単なことではないけどね。メルセデスもポルティマオでは両方のドライバーで異なるウイングの設定で走らせていたので言うのは難しい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1