マックス・フェルスタッペン 「僕たちは現実的なままでいる必要がある」 / レッドブル・ホンダ F1スペインGP
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、今週末のF1スペインGPのチャンスについて“現実的なまま”でいるようにチームに警告している。

マックス・フェルスタッペンは、F1 70周年記念GPで高い気温のなかでタイヤに苦しむメルセデス勢を抑えて、今シーズン初勝利を挙げた。今週末のF1スペインGPも似たようなコンディディションになることが予想されており、連勝に期待がかかっている。

「レースに勝つことは常に楽しいことだ」とマックス・フェルスタッペンは語った。「特に、あのように運ではなく純粋なペースで彼らを倒したはね」

「また、僕たちは現実的なままでいる必要がある。より硬いコンパウンドを再び使用する場合、通常はタイヤの問題が少なくなるはずだ。予選では1秒遅れているし、彼らは依然として支配的なチームだ。まだやらなければならない作業はかなりたくさんある」

「暖かいのは素晴らしいことだけど、我々は再びより硬いコンパウンドを走らせるし、少しトリッキーになると言わなければならない。このトラックがタイヤにかなり厳しいことはわかっている。でも、とにかくどうなるか見てみなければならない」

F1は、ベルギーGPで予選モードの禁止を導入すると予想されている。

しかし、マックス・フェルスタッペンは、予選モードの禁止にとってレッドブル・ホンダがポールポジションに挑戦できるかどうかについては慎重だ。

「前でスタートすることは重要なことだ」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「より近づけてくれるのは確かだと思う。彼らの予選モード、パーティモードはかなり強力だからね。でも、それが実現するかどうか見てみよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1スペインGP