マックス・フェルスタッペン 「レッドブルとホンダ両方の改善が必要」 / F1スペインGP 直前インタビュー
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、メルセデスとのギャップを縮めるためには車体とホンダのF1エンジンの両面を改善する必要があると語る。

先週末のシルバーストーンで70周年記念グランプリで今シーズン初優勝を挙げてランキング2位に浮上したマックス・フェルスタッペンだが、メルセデスがタイヤに苦しんだことが勝利の一因だったことを承知しており、マシンをさらに改善する必要があると語る。

「先週のシルバーストンでの状況はかなり異常だった。柔らかいタイヤを使用ていたけど、他のチームにはあまり適さなかった」とマックス・フェルスタッペンは語る。

「でも、全体的に先週と比べてあまり変わってはいない。僕たちはまだ予選でのスピードが欠けている。もちろん、チャンピオンシップ2位には満足しているけど、目標は1つ上の順位だ。僕たちは改善できることを知っている。車体とエンジンの両面でもっと多くのことを得ることができるはずだ」

シルバーストンと同様に、今週末のF1スペインGPの30度前後の気温で争われる予定だ。

「僕たちにとってそれは常に良いことだ。でも、タイヤの状態が良好なままなのか、ブリスターが発生するかのかは誰にもわかりらない。どうなるか見てみる必要があるけど、メルセデスとのギャップを埋めるためには全体的なパッケージを改善する必要がある」

FIA(国際自動車連盟)は、予選でパワーユニットから追加のブーストを得る“パーティモード”をF1ベルギーGPから禁止するとされている。

それについてマックス・フェルスタッペンは「ある意味では、エンジンモードのようなものを除いて、予選後にマシンに触れることは実際に許可されていないので、それは良いことかもしれない」とマックス・フェルスタッペンは語る。

「したがって、マシンに触れないことによってそのルールを辿りたいならば、それも取り除いてしまった方が良いと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1スペインGP