フェルスタッペン インタビュー(1):2020年のF1テストを終えて / レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが、F1プレシーズンを終えて、冬の間の準備、そして、2020年のF1世界選手権への展望を語った。

昨年、3勝を挙げたマックス・フェルスタッペンは、2020年のF1世界選手権でF1史上最年少ワールドチャンピオンを獲得するという大きな目標がある。新車RB16で414周を走り込み、総合2番手タイムで終えたプレシーズンテストをマックス・フェルスタッペンが振り返った。

テスト週間が終わり、フォーカスは再びマシンに乗るオーストラリアに切り替わりました。過去数日間をどのように振り返りますか?
順調だった。僕たちはテストプログラムを完了することができたし、僕たちの側のフィーリングはいい。それが十分がそうかはわからないけど、僕たちが可能な限り多くのデータを収集できた思っているし、マシンのバランスに問題があっても、すぐに修正できると思う。

チームの準備はこれまでになく向上したと感じていますか? 今年のルールが安定していることは助けになりましたか?
そう思うけど、もちろんそれをスピードで示さなければならない。現時点ではまだわからない。通常、安定性は僕たちの助けになるけど、他のすべてのチームも彼らのマシンを開発し続けていると思うので、どうなるか見てみなければなりません。

今年ははホンダとの2年目です。昨年と比較して、相互協力はどうでしたか?
もちろん、1年の経験を経て、すべてがよりスムーズに進んでいる。昨年、パワーユニットのインストールなどいくつかのことを学んだ。物事が容易になっているのは非常にノーマルなことだと思う。

昨年の丸一日の運転と比較して、半日運転するのはどうでしたか?
気に入っているよ。1日に160周や170周を運転するのは本当に大変だ。1日に100周するのは問題ないと思う。だから、ドライバー間で一日を分担することはうまく機能しているし、それでもマシンは150周以上を走ることができる。

テスト中にドライバーを変更することにはどのようなことが関係してきますか?
ほとんどの変更は、ペダルとシートに関するものだ。各ドライバーには独自のスタイルがあるため、セットアップも少し変更される。僕とアレックスの間にはドライビングにいくつかの違いがある。メカニックにはスケジュールがあり、何を変更すべきかを正確に知っている。

それらの違いは何ですか?
場合による。フロント側の調整である場合もあれば、リア側の調整である場合もある。または、それはもう少しアンダーステア​​にするかもないし、もう少しオーバーステアにするかもしれません。もちろん、サーキットにも依存する。

今年は新しいトレーナーを起用していますね。前トレーナーのジェイクに別れのプレゼントを贈りましたか?
彼には2位でフィニッシュした昨年のアブダビの表彰台からシャンパンのボトルを渡した。一緒の最後のレースだったので、表彰台で終わるのは最高だった。素晴らしいことだ。僕はまだ最初の勝利のボトルを持っているよ。

もちろん、すべてのトレーナーは異なります。今年のアプローチは、以前のジェイクとは異なりますか?
今はいくつかのエクササイズは少し異なるけど、全体的に同じことをトレーニングする必要があるため、あまり変更することはできない。長年にわたって、何がうまくいくか、何がうまくいかないかを学んでいる。何年も一緒に働いてきた人よりも、新しいトレーナー都の方が物事を変えるのは少し簡単だ。

トレーニングスケジュールにどれくらい影響を与えましたか?
自分が好きではないものすべてを変えることができれば、あまり残っていないだろうね!(笑) 時には少し苦しむ必要もあるし、それがトレーニングの一部だ。

冬休み後にマシンに戻るのは大変でしたか? 特にテスト初日に168周したときはどうでしたか?
「かなり多くの周回するを重ねた長い一日だったけど、問題が発生してガレージで待機しているよりはましだ。マシンに乗ったら、とにかく周回を重ねるだけだ。

過去のように、たとえばゴーカートレースよりもF1のレースは難しいですか?
サーキットにもよる。シンガポールは厳しいグランプリの1つだけど、ゴーカートレースも非常に厳しい場合がある。何に慣れているかにもよる。ゴーカートよりもマシンで異なる筋肉を鍛える必要がある。ゴーカートでは、首への影響は少なくないけど、腕や肋骨をより感じることができる。

最後に、オーストラリアにどんな気持ちで向かいますか?
リラックスした前向きな気持ちだ。僕たちが十分に速いことを願っている。僕たちは良い印象を得るためにすべてのことをした。それが十分なことを願っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1