フェルスタッペン 「ホンダのF1エンジンは正しい方向に向かっている」
マックス・フェルスタッペンは、F1バルセロナテストのポジティブな最初の週の後、レッドブルとホンダは“すべてが正しい方向に向かっている”と信じている。

レッドブル・ホンダは、タイミングシートでは上位に名前を連ねることはなかったが、マックス・フェルスタッペンとチームメイトのアレサンサー・アルボンは3日間で471周を走破。新車RB16でメルセデスに次ぐ走行距離を達成した。

そして、それらの周回数は比較的トラブルフリーだった。2目目にアレクサンダー・アルボンの予防的なエンジン交換が行われましたが、マックス・フェルスタッペンはRB16とホンダの初期の兆候に満足していると語る。

「周回数の収集、データの収集、信頼性のテストも重要だ」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「これまでのところ、このクルマで学ぶべきことはまだたくさんある。来週も続けなければならない」

「ホンダは全力を尽くしている。もちろん、常に改善を望むものだけど、昨年と比べて間違いなく改善されている」

「僕が気に入っているのは、彼らが示すもの、彼らが計画するものが常に実現するということだ。それで、今年もまた同じになると確信している」

「すべてが正しい方向に向かっている。でも、他の人たちも全開でプッシュしようとしているので、僕たちは一生懸命に努力する必要がある」

ホンダは昨年、エンジンの割り当てを超過し、レッドブル・ホンダにペナルティをもたらしたが、マックス・フェルスタッペンはそれは信頼性の問題ではパフォーマンス向上のためだったと強調する。

「昨年は、パフォーマンスのアップグレードと非常に大きなアップグレードがあった場合のみエンジンを交換した。それが、これらのエンジンを使用する理由だった」とマックス・フェルスタッペンは説明する。

「もちろん、今年はペナルティを受けないようにしたい。でも、事態は非常にスムーズに進んでおり、それが私たちにできることのすべてだ」

「走行距離に関しては、すべて順調だ。冬の間、僕たちは1基のエンジンで7つの週末を乗り切ることを目指してきた。これまでのところ、フルパワーモードを走ってはいないけど、すべてがスムーズに進んでいる。まさにそれが望んでいることだ」

アレクサンダー・アルボンはも、ホンダのF1パワーユニットの信頼性を称賛する。

「冬の間、僕たちは多くの仕事をしてきた。そして、多くの周回数を重ねて、チャンピオンシップにむけて良いベースラインを築きたいと思っていた」とアレクサンダー・アルボンは付け加えました。

「ほぼすべてが計画通りに進んだと思う。それは舞台裏でどれだけの作業が行われているかを示している。ミルトン・キーンズとホンダの両チームにとって、このような信頼できるマシンを手に入れることができたのは本当に印象的だ」

アレクサンダー・アルボンは、RB16がメルセデスの優位性へのチャレンジャーとして堂々と宣言するおとはしないが、見通しはポジティブであると語る。

「それは正しい方向への一歩だと思う」とアレクサンダー・アルボンは語る。

「すべてのマシンが、少し微調整する必要があると思うけど、ベースラインとしては、最初の5ラップで去年よりも良く感じた。一歩前進だ

「マックスと僕のコメントは非常に似ている。僕たちは二人とも冬の間に同じことを望んでいたし、それは僕だけでなく、両方で一致している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1