マックス・フェルスタッペン 「RB16での初テストはすべてが成功した」 / レッドブル・ホンダ F1バルセロナテスト
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1バルセロナテスト3日目の午前中で走行を終了。1日半運転した新マシンRB16での最初の3日間を振り返った。

レッドブル・ホンダは、F1バルセロナテスト3日目に作業を分担。午前中に走行したマックス・フェルスタッペンは86周を走行して8番手タイムとなる1分17秒516というタイムで最終日のテストを終えた。

「成功するにはマシンを完全に理解する必要があるし、できる限りたくさん走り込まなければならない。これまで僕たちができたことには満足している」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「すべてが成功した。まさに僕たちが望んでいたことだ。マシンは安定していると感じているし、それが現時点で必要なことだ。マシンはいい感じだ。シミュレータで運転していたし、驚きはなかった」

新マシンRB16でのテストについてマックス・フェルスタッペンは次のように語る。

「プログラムがあり、走行ごとにフィードバックと意見を述べる。何が機能していて、何を変える必要があるかをね。すべてのチームが独自のプログラムをやっているし、僕たちも独自のことをやっている。僕たちは可能な限り最高のパッケージを入手するために自分自身に集中している」

「でも、1年を通してすべての面で改善を試みている。今週は、マシンの改良を続けていたので、完璧なセットアップを得ようとはしなかった。信頼性をテストすることも重要だ。メルボルンでの土曜日のQ3で僕たちが実際にどこにいるかがわかる」

2019年には、4基目の電源ユニットが必要になり、関連するグリッドペナルティが発生した。今年、ホンダF1は年間を通じて3つの割り当てられた3基パワーユニットのみを使用することを目指している。

「昨年、パワーユニットを変更したのはパフォーマンスが向上した場合だけだった。それぞれが大幅にアップグレードされていた。今年はペナルティーなしでシーズン全体を乗り切りたいと思っている」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「バルセロナでは、まだ最大のエンジンモードで運転していない。これまでのところ、ホンダのパワーユニットはスムーズに作動しているし、いい感じだ」

「ホンダはフル稼働している。僕たちは常に前進したいと考えているし、今年はいくつかの良い進歩を遂げた。ホンダが示した見通しは、常に満たされている。彼らがそれを続けてくれる確信している。僕たちは正しい方向に進んでいる。もちろん、ライバルも一生懸命働いているので、とり懸命に働かなければならない」

F1マシンはどんどん速くなっている。それについてどう思うかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「世界記録を更新するのはクールだけど、エキサイティングなレースが好きだ」とコメント。

「マシンはとても速いので、運転するのに最適だ。でも、別のマシンの後ろで運転している場合、多くのダウンフォースが失われる。マシンは毎年速くなっているので、その効果は悪化しているだけだ。2021年のマシンは運転するのが楽しくなるとは思わないけど、レースが改善されることを願っている」

今年の目標について質問されたマックス・フェルスタッペンは「目標は勝利を争うことだ」とコメント。

競争は止まっているわけではないので、僕たちはマシンを開発し続け、全開で行かなければならない。やるべきことはたくさんあるけど、それだけでは十分ではない。僕たちは常にもっと速く走ることができる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1