マックス・フェルスタッペン 「勝つためには常に改善の余地がある」 / レッドブル・ホンダF1
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、自身のこれまでのF1でのパフォーマンスには満足していなと語り、メルセデスのルイス・ハミルトンが常に勝利する“退屈”を軽減するために次世代のドライバーたちがステップアップしなければならないと語る。

昨年、ホンダのF1エンジンを搭載したレッドブルで、マックス・フェルスタッペンは3勝を挙げて自己ベストとなるコンストラクターズ選手権3位でシーズンを終えたが、コース上の成績は完璧からは程遠いと考えており、F1ワールドチャンピオンになるためにミスから学びたいと語る。

「これまでの5回のF1シーズンそれぞれで改善してきた。それは常に良いことだが、その一方で驚くことではない。常に経験を積んで、自動的に良くなるものだからね」とマックス・フェルスタッペンは Auto Zeitung にコメント。

「でも、僕は常に目標を高く設定している。常に自分自身を改善したいと思っている。勝利でさえ十分ではない。勝つためには常に改善の余地がある。すべてがパーフェクトに進んだかのように勝利を祝う人もいる。でも、僕は勝ってもまだ心配している」

マックス・フェルスタッペンは、単に勝利を楽しむことができないことに頭を悩ませる人もいるかもしないが、それが常により良いレーシングドライバーになるように促す考え方だと主張する。

「常に僕はそうだ。父がその大部分を占めていた。『勝った』と言うと、彼は『そうだね、でも、あちこちでミスを犯していたじゃないか』と言っていた。彼はいつも僕を批判的に扱い、あらゆる間違いを分析した。その時にまったく同意できなかったけど、今ではそれを理解できる」

マックス・フェルスタッペンは、多くの話題となっている自分の攻撃性についてまだ学んでいることを認めました。

「時には、アグレッシブに運転しなければならないこともある。そして、ミスが起こる。それを望まない場合は、マシンにロボットを乗せていた方が良いだろう」とマックス・フェルスタッペンは語る。

「でも、ミスを犯すことは非常に良いことでもなる。学ぶための唯一の方法だしね。多くの場合、自分自身に『それはやめておけ』と問いかけている。でも、それを避けることはできない。特に限界でレースカーを走らせているときはミスを犯しやすい。重要なことは常にそこから学ぶことだ」

昨年は、フェラーリのシャルル・ルクレールという同世代のライバルが出現したシーズンであり、二人はいくつかの注目すべき戦いを楽しんだ。

「彼は素晴らしいドライバーであり、非常に才能の持ち主だ。フェラーリのためにレースをすることは彼にとって非常に大きなチャンスだ」とマックス・フェルスタッペンはシャルル・ルクレールについて語る

「僕たちは長年にわたって互いに決闘することになると思う」

そして、マックス・フェルスタッペンは、シャルル・ルクレールや他の若手ドライバーで、ルイス・ハミルトンの支配を終わらせられることを願っていると語る。

「ランド・ノリス、ジョージ・ラッセル、アレクサンダー・アルボンのような多くの若くて強いドライバーがいることは、僕たちのスポーツにとって良いことだ。すぐにF1で主導的な役割を引き継げることを願っている。そうしなければ、ルイス・ハミルトンが常に勝つのは退屈すぎる・・・」

ルイス・ハミルトンは1月で35歳になり、F1キャリアの後半にあると広く考えられているが、マックス・フェルスタッペンはただ座って“政権交代”が起こるのを待っているわけにはいかないことを承知している。

「ルイスが永遠に運転することはない。最終的に彼はやめることになる。でも、結局のところ、それはルイスではなく、チーム次第だ。メルセデスが彼がチャンピオンになることを可能にする良いマシンを作り続けているなら、なぜ彼はやめなければならない?」

「ルイスはとても優れている。彼はF1にこれまでに存在したなかでも最高のドライバーの一人だ。僕は彼のことを非常に強いレーサーとして尊敬している。でも、言ったように、ドライバーとして自分にマシンに非常に依存している。もしフェルナンド・アロンソがあのメルセデスに乗っていたら、彼は勝っていただろう。最終的にそのような優位性を達成するチームと一緒にいることもその一部だ」

メルセデスの成功が続くとしても、マックス・フェルスタッペンは先月レッドブルと3年間の契約延長にサインして、少なくとも近い将来はメルセデスのために運転するという推測に終止符を打った。

「自分がいる場所に満足している。レッドブルで勝ち、ワールドチャンピオンになりたいと思っている。僕をF1に入れてくれた。忠誠が重要だ。レッドブル・ホンダの人々と一緒に仕事ができることを本当に楽しみにしている。素晴らしい人々のグループだ。僕はレッドブル・レーシングでとても心休まっている。それもドライバーにとって非常に重要なことだ。それには感謝している」

2020年はもうひとつの注目点として、マックス・フェルスタッペンの母国レースとなるF1オランダGPのカレンダー復帰がある。フェルスタッペンは“オレンジに包まれた光景”を非常に楽しみにしているが、リバティ・メディアがF1カレンダーを25戦に拡大するという動きには懸念を示している。

「25戦は間違いなく多すぎる。最も歴史的で、最大で、最も重要なもののみに焦点を合わせ、20戦の本当に良いイベントだけに絞って開催する方が良いと思う」とマックス・フェルスタッペンは提案した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1