F1
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、レースエンジニアのジャンピエロ・ランビアーゼとの良好な関係がうまく機能していると語る。

マックス・フェルスタッペンは、トロロッソからレッドブルに移籍した2016年の第5戦スペインGPでセンセーショナルなF1初勝利を挙げた。その時からジャンピエロ・ランビアーゼはフェルスタッペンのレースエンジニアを務めている。

それ以来、マックス・フェルスタッペンは、8勝を含めた31回の表彰台を獲得し、2019年にはドライバーズ選手権を3位で終えている。

マックス・フェルスタッペンは、ジャンピエロ・ランビアーゼとのコミュニケーションがその大きな部分を占めていると語る。

「僕たちは二人ともストレートだと思う。僕たちはとても正直なんだ」とマックス・フェルスタッペンは語る。

「悪い仕事をしたときはお互いに言い合うことができる。僕はそれが気にいっている」

「それに彼はあまり話をしすぎることもない。話をするためだけに話しかけてきて、多くのメッセージを与えてくる人は嫌いだ。僕にとってそれはうまくいかない」

「短くて早いコミニュレーションが僕にとってはベストだし、時間の経過とともにお互いをより良く知ることができている。ここまでお互いに多くの時間を費やしてきた。彼はすでに僕が何を言おうとしているか推測できているときもあるくらいだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1