マックス・フェルスタッペン 「2020年序盤戦がレッドブルとの将来を決める」
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、2020年シーズン序盤の成績がレッドブルでの将来を決定する上で役割を果たすと語る。

2019年、マックス・フェルスタッペンは、レッドブルとのパートナーシップを開始したホンダF1に復帰後初勝利を含めた3勝をもたらしたが、持続的にチャンピオンシップ争いに絡むことはできなかった。

マックス・フェルスタッペンの父親ヨス・フェルスタッペンは、2020年が“失われた1年”になることを避けなければならないとプラッシャーをかけており、2021年にむけてフェラーリやメルセデスと交渉する可能性を否定していない。

マックス・フェルスタッペンは、2020年末に契約期間が終了する主要ドライバーのひとりであり、ルイス・ハミルトンのフェラーリ移籍と関連して、メルセデスへの移籍が噂されている。

そのような噂にも関わらず、マックス・フェルスタッペンは自分の将来については深く考えていないとしながらも、2020年序盤のレッドブル・ホンダのパフォーマンスは今後を決めるうえで重要な要素になると付け加えた。

将来にむけて他のオプションを検討しているかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「正直、それについてあまり考えいない」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「もちろん、来年以降、他の可能性があることは知っている。僕にはあと1年契約がある。でも、より重要なことはシーズン序盤にどうなるかとにかく見てみることだと思う」

「その後、そこから先に何が起こるか見ていくつもりだ」

マックス・フェルスタッペンは、“レッドブルにいる理由”はチームがタイトルを獲得できると“信じている”からだと付け加えた。

レッドブルのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは「マックスにとってF1で最強のシーズンだったと思う。3つのポールポジション、そのうちの2つしか維持できなかったが(メキシコGPで黄旗無視にとってフェルスタッペンはポールを喪失)、3つの勝利を収めた。今年の9回の表彰台は本当に印象的なパフォーマンスだ」と語っている。

FIA表彰式でクリスチャン・ホーナーのコメントについて質問されたマックス・フェルスタッペンは「


FIAガラでのホーナーのコメントに対する彼の反応を求めて、フェルスタッペンは最高のシーズンにしなければならなかった。当然のことだけど、長年にわたって経験を積んでいるし、それは間違いなく大きな助けになる」とコメント。

「今年序盤のパッケージには少し苦労した。僕たちは勝利を争うことができなかった。表彰台もかなり難しかった。だから、できる限り一貫性を保つことが重要だった」

「来年はもっと競争を高められることを願っている。スタートから競争的でなければならないことはわかっているし、タイトルを争えることを願っている僕たちはそこに全ての努力を注いでいる。簡単ではないだろうけど、僕たちはそのために頑張っている。できる限りのことを試みている」

2019年のシーズンを振り返って、マックス・フェルスタッペンは今季初勝利、そして、ホンダが2015年にF1復帰して以来の勝利となった。F1オーストリアGPでの優勝が自分自身とレッドブルのターニングポイントだったと語った。

「あらゆる状況を考えれば、オーストリアは最高の勝利だった。チームにとってのホームレースであり、ホンダにとってV6時代で初勝利だった。グランドスタンドには本当に多くのオランダ人ファンがいたし、他の勝利と比べてさらに特別だった」

「オーストリアの前にはいくつか難しいレースがあったし、十分な競争力がなかった。でも、週末全体がとても気温が高かった。それで僕たちはレースにむけてマシンを適切に妥協することができた」

「レースでは突然クルマが生き返ったと思う。競争力のない週末からいくつかアップデートを導入し、それがはるかにうまく機能したように思う。それでも少し予想外だったと思う。でもチーム全体にとってモチベーションの大きな後押しになった」

「特にホンダはF1に復帰して以来あらゆる苦労をしてきたからね。したがって、この勝利はいくつかの安堵をもたらした」


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1