F1 マックス・フェルスタッペン
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、メルセデスが連勝を重ねる今のF1の状況はレースを観てくれているファンにとって悪影響を及ぼすと考えている。

F1カナダGPでの物議を醸したルイス・ハミルトンの優勝によって、メルセデスは開幕戦からの連勝記録を“7”に伸ばした。

マックス・フェルスタッペンは、第6戦まで4位以上でフィニッスしてきたが、前戦カナダGPでは今季のワーストリザルトとなる5位でレースを終えている。

マックス・フェルスタッペンは、メルセデスのルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスと戦えるほど十分な速さがなく、それは自分にとってもフラストレーションを感じることだが、レースを観ているファンにとっても楽しさを損なっていると考えている。

「今のメルセデスについて多くのことを話すことができるけど、彼らは他の全員よりも良い仕事をしている。でも、それは視聴者にとって良いことではない」と De Telegraaf にコメント。

「僕はMotoGPを見るのが好きだ。誰が勝つか決してわからないからね。MotoGPはお互いにもっと拮抗しているし、カスタマーチームでも勝つことができる。僕たちもそこから何かを学ぶことができればいいんだけどね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・フェルスタッペン | レッドブル | ホンダF1