F1 マックス・フェルスタッペン
F1スペインGPで3位表彰台を獲得したマックス・フェルスタッペンだが、開幕から5戦連続となる1-2フィニッシュを達成したメルセデスのマシンは、どのコーナーでもレッドブル・ホンダのマシンよりも勝っていたと語る。

マックス・フェルスタッペンは、フェラーリの2台を倒してF1スペインGPで今季2度目の表彰台を獲得したが、メルセデスのルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスに挑戦することはできなかった。

レッドブルは伝統的にシャシーと空力パフォーマンスに優れたマシンを設計してきたが、マックス・フェルスタッペンは、現段階ではメルセデスの2019年マシンの方がシンプリに優れていると考えている。

「僕たちはどのコーナーでもメルセデスほど良くない」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「悪いクルマというわけではないし、いいクルマだ! でも、現時点ではメルセデスはどこでもも僕たちよりも速い」

「中・高速はかなり似通ってるけど、毎週末に走らせるダウンフォースレベルに大きく左右されるため、言うのは少し難しい。このトラックでは、彼らは低速コーナーで非常に強かった。そして、通常、それはモナコ(次戦)でもかなり有利だ」

バルセロナでのメルセデスの優位性は、最も遅い最終セクターにあった。

マックス・フェルスタッペンは、予選後にメルセデスがタイヤの理解で優位に立っているとコメントしているが、レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーも評価に同意する。

「メルセデスはサーキットのその部分でクルマからパフォーマンスを引き出すことにおいて非常に良い仕事をしている」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「この新しいレギュレーションやタイヤをどのように進めたいかという点では我々はまだ最適とは言えない。今週末は一歩前進したし、もっと続いてくことを願っている」

F1スペインGPは、レッドブル・ホンダが真っ向勝負でフェラーリを倒すことができた今シーズン2度目目のレースとなった。

クリスチャン・ホーナーは、レッドブル・ホンダはバルセロナで2番目に速いクルマだったと確信しており、チームはそれを最大限に活かすことができたと考えている。

「マックスのファーストラップは見事だった」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「我々は積極的な戦略(2ストップ)を採用したが、明らかにフェラーリを倒すペースを持っていた」

「8~9週間前のプレシーズンテストで我々がどこにいたかを考えれば、そのギャップを縮め、クルマのパフォーマンスで達成したことは本当に有望だ」

「当然ながら、これからメルセデスとのギャップをさらに縮めることに注力していかなければならない」

関連:F1スペインGP 結果 | ルイス・ハミルトンVでメルセデス5戦連続1-2の快挙

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・フェルスタッペン | レッドブル | ホンダF1