F1 マックス・フェルスタッペン レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・レーシングはF1イタリアGPで導入したルノーの“スペックC”エンジンは標高の高いサーキットで困難に直面することをわかっており、今シーズンのどこかのポイントで“スペックB”に戻さなければならなくなることはわかてちたと語る。

マックス・フェルスタッペンは、F1イタリアGPでルノーのアップグレード版“スペックC”エンジンに切り替えたが、2週間前のシンガポールGPでは2位表彰台を獲得したものの、信頼性トラブルに見舞われた。

今週末のF1ロシアGPでは、レッドブル・レーシングはマックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドのエンジンを“スペックB”に戻してグリッド降格ペナルティを受ける。

しかし、マックス・フェルスタッペンは、ルノーの“スペックC”エンジンは標高の高いサーキットで走ることができず、メキシコ(海抜2000メートル)、ブラジル(海抜700メートル以上)では苦戦することをわかっており、どこかの時点で新品の“スペックB”をプールするためにペナルティを受けなければならなことをわかっていたと語る。

「スペックCはメキシコやブラジルの高所では走ることができないので、スペックCを投入してからどこかの時点で新しいスペックBをと投入しなければならないことはずっとわかっていた」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「ここはそれをするためにい最適な場所だと思う。何かが故障した場合に備えてより多くのスペアパーツも得ることができるしね」

モンツァとシンガポールでスペックCを走らせたマックス・フェルスタッペンは、1発ノペースでは改善を感じることができたが、レースではそれほど良くはなかったと語る。

「スペックCは予選では少し多くのパワーを発揮しているけど、レースでは同じか、もしくは少し遅いかもしれない」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「でも、予選は重要だ。僕たちはエンジンがそれを与えてくれるならば、常にあと0.1~0.15秒を望んでいる。それが僕たちがスペックCを導入することを決断した理由だ」

グリッド降格ペナルティを受けるマックス・フェルスタッペンは、現実的にトップ5フィニッシュがベストリザルトになるだろうと感じている。

「5~6位に戻ることが僕たちの目標だ。いずれにしろ、ペース的にはそのあたりにいるうと思う」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「このトラックがどれくらい容易にオーバーテイクできるかにもよるけどね。当然、僕たちはショートランよりもロングランに少し焦点を当てて、クルマをセットアップすることになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・フェルスタッペン | ルノー | レッドブル