F1 マックス・フェルスタッペン レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・レーシングのタイトル獲得のチャンスはルノーのF1エンジンによって急落したと語る。

マックス・フェルスタッペンは、F1オーストリアGPで今シーズン初優勝を飾ったが、最近のレースではルノーのF1エンジンのパワー不足が本当に大きな問題となっていると語る。

「僕たちには誰よりも強いシャシーがあると思っている」とマックス・フェルスタッペンは De Telegraaf にコメント。

「僕たちにメルセデスやフェラーリのエンジンがあれば、彼らはもう僕たちのことが見えなくなるないだろう」

「でも、今はストレートでのスピードがあまりに遅い。それは本当に問題だ」

「フェラーリとメルセデスが彼らのエンジンにアップグレードを投入して以降、その差は本当に増大している」

マックス・フェルスタッペンは、先週末にシルバーストーンで開催されたF1イギリスGPがその最大の例であり、レッドブルは“遅かった”と語る。

「70~80馬力も劣っていれば、苦戦を強いられるのはわかり切ったことだ」とマックス・フェルスタッペンはコメント。それはラップタイムに換算すると1周あたり1秒にあたる。

「ストレートではまるで違うカテゴリーで走っているみたいだった」

マクラーレン・ホンダ時代、フェルナンド・アロンソが、ホンダのお膝元である鈴鹿サーキットで開催された2015年のF1日本GPで、ホンダの幹部が見守るなか、エンジンに非力さに無線で「GP2エンジンか!」と不満をぶちまけたのことが大きな話題となった。

マックス・フェルスタッペンは、今ではフェルナンド・アロンソがそのときにどう感じていたかを理解することができるようだ。シルバーストンではまるでF2のように感じたということかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「そうだね」と答えている。

そして、マックス・フェルスタッペンは、来週末ホッケンハイムで開催されるF1ドイツGPでも再びルノーのF1エンジンのパワー不足は問題になるだろうと考えている。

「8つのコーナーがあって、それらの間に多くのストレートがある」とマックス・フェルスタッペンはホッケンハイムについて説明する。

「でも、実際どうなるはわからない。インシデントやセーフティカーおおかげで僕たちは良い結果を得られるかもしれない。ただ、簡単ではないだろうね」

「その後のハンガリー、シンガポール、メキシコでは僕たちは戦えると思っている。エンジンのせいで僕たちは平均して0.6~0.7秒を失っていると思うけど、僕たちは他の場所でおそらく0.4秒は補ぎなえると思う」

「だから、そうだね、そこではチャンスがあると思う」

レッドブル・レーシングのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、来季からホンダにスイッチするという決断は間違ってはいない語る。

「変化のための時ということだ」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「全員がどういうレベルにあるのか非常によくわかったと思うし、現時点ではホンダとルノーは似たような状況にあると私は思っている」

「だが、重要なのは潜在能力と開発だ。今週末に我々が目にした統計を隠すことはできない。埋められるギャップではなかったが、ホンダとなら埋められることを期待している。ホンダが現在進めているものをかなり信じている」

「ルノーに関しては毎年同じことの繰り返しだ。だが、ホンダはいい進歩を遂げている。私は、これが正しい選択だと考えている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・フェルスタッペン | ルノー | レッドブル