F1 マックス・フェルスタッペン ホンダ レッドブル
レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、2019年からホンダのF1パワーユニットを走らせるのを楽しみにしていると語る。

今週、レッドブル・レーシングは12年間にわたるルノーとのパートナーシップを今シーズン限りで解消し、2019年からホンダと2年間のF1パワーユニット供給契約に合意したことを発表した。

ホンダは2015年にマクラーレンのワークスパートナーとしてF1復帰したが、パフォーマンスと信頼性不足によって、マクラーレンから切られるカタチで3年間で契約を解消することになった。

しかし、新たにレッドブルの姉妹チームであるトロロッソと組んだ今年はパフォーマンスと信頼性の両面で改善を兆候をみせている。

2020年までレッドブル・レーシングと契約を結び、来季から新生“レッドブル・ホンダ”のドライバーとして走ることが決まっているマックス・フェルスタッペンは、昨年すでにホンダのHRD Sakuraを訪問しており、近年ホンダのF1パワーユニットに多発してきたトラブルについては心配していないと語る。

「実際、そんなに気にしてはいない」とマックス・フェルスタッペンはホンダのF1パワーユニットについてコメント。

「今年、特にカナダでは彼らが見せたパフォーマンスや進歩はとてもポジティブに見えた。改善を続けているし、正しい人材を配置をしている」

「僕は決定を信じている。契約したということはチームも確信を持っているってことだからね。それに、ホンダがレッドブルとトロ・ロッソのためだけに働いて、純粋に自分のクルマのためだけにパワーユニットが設計されるなんてエキサイティングだ。それもかなりいいことだと思っている」

今シーズン、マックス・フェルスタッペンは、開幕から6戦でインシデントに関与しており、レースへのアプローチやドライビングスタイルに批判の声が挙がっていたが、前戦F1カナダGPでは表彰台を獲得して批判に応えて見せた。

今週末のF1フランスGPでも同じようなパフォーマンスを再現したいとマックス・フェルスタッペンは語る。

「僕はいつもプレッシャーがかかるといい方に働くみたいだね。毎回お願いするべきかもしれないね!」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「カナダは良い週末だったし、とても楽しめた。今週末もそうなるように頑張るつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・フェルスタッペン | レッドブル | ホンダF1