マックス・フェルスタッペン
マックス・フェルスタッペンの母親は、17歳の息子マックスはベルギー人だと語っている。

元F1ドライバーであるヨス・フェルスタッペンの息子マックス・フェルスタッペンは、F1史上最年少ドライバーとしてデビューし、最年少ポイント獲得を塗り替えた。

ヨス・フェルスタッペンはオランダ人であり、現在、マックス・フェルスタッペンはオランダのレーシングライセンスで競争している。

しかし、マックス・フェルスタッペンは、実際には母親のソフィ・クンペンの母国ベルギーで生まれている。

元カート選手のソフィ・クンペンは、数年前にヨス・フェルスタッペンと激しく争っている。

二人の論争には警察が関与し、法廷にまで発展。ヨス・フェルスタッペンは、いやがらせと暴行の容疑で刑務所に入る恐れがあったと語っている。

ソフィ・クンペンは、息子マックス・フェルスタッペンが実際にはベルギー人だと Het Laatste Nieuws に述べた。

「マックスの唯一の身分証明書はベルギーのものです」とソフィ・クンペンは主張。

「彼は9月30日に18歳になります。その日付が過ぎれば、彼はオランダ国籍を選ぶことができます」

「それまで彼はベルギー人であり、他のどれでもありません」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・フェルスタッペン | トロロッソ