ギド・ヴァン・デル・ガルデ
ギド・ヴァン・デル・ガルデは、F1カナダGPでのニコ・ヒュルケンベルグとの事故によって次戦F1イギリスGPでの5グリッド降格ペナルティを科せられた。

ギド・ヴァン・デル・ガルデは、F1カナダGPのレースで、周回遅れにされたマーク・ウェバーに接触したことですでにドライブスルー・ペナルティを科せられていた。

ギド・ヴァン・デル・ガルデは、最終シケインで周回遅れにされたニコ・ヒュルケンベルグに接触。両者ともにリタイアとなった。

スチュワードは、ニコ・ヒュルケンベルグへの接触と妨害行為の両方に対して次戦F1イギリスGPでの5グリッド降格ペナルティを科すことに決定した。

「21号車(ヴァン・デル・ガルデ)にはラップ全体でブルーフラッグが降られていた。11号車(ヒュルケンベルグ)は周回遅れのクルマをオーバーテイクするためにDRSとKERSをフルに使わなければならなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ギド・ヴァン・デル・ガルデ | ケータハム